大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン 箕面観光ホテル

大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン 箕面観光ホテル

はよ~ん。
今回は箕面。
箕面温泉スパーガーデンですよ。

ってことでスタートです。

大江戸温泉物語 箕面観光ホテル 箕面温泉スパーガーデン、と言うこともあり、前日はアニメを見た後、さっさと睡眠。
しかし、親父が深夜から起きてきて何やら嫌がらせのようにガタガタガタガタやりだしたw
おかげで眠れやしない。
「深夜から起きても良いけど不自然にガタガタガタガタすんなや」、と言うことで頭にきて、これは説教だと思い、意気揚々と文句を言いに行った。
「暴力には暴力で」と言うことで、ドアを蹴破る勢いで、文句を言ってやったが、それは現実ではなく、夢(妄想)だった。
夢と現(うつつ)のハザマをたゆたゆしていた僕の精神は、めちゃめちゃガツンと、ボロクソに言ってやった認識だったが、実際の僕の体はベットに沈んだまま半分眠り、夢とも妄想とも分からね何かを見ていたようだw
それに気づいた僕の精神は妙な屈辱を感じつつ本格的な眠りに移行していった。
まあ、眠れないよりはマシですが…。
しかし、自宅ながらこのような家にいる時間は短い方が良い。
温泉旅行は呪われた家にいる時間を短くできる効果があるのだ。

ってなわけで、再度はよ~ん。
で、翌朝、本日は箕面(大阪府)と言うこともあり、ややのんびり。
前日の僕の意志とは反して寝不足。
変な寝方をしてしまったため、就寝時間は早めにしたんだけど相殺されて効果なし。
こりゃ、マジで殺されてしまうわい、寝不足で…。
健康な体を作るには充分な睡眠が不可欠。
安眠妨害するヤツに健康を語る資格なし。
とっとと死んでください。
そして、死んで詫びてください。
このブログは親だろうが何だろうが平等なスタンスです。
ダメなものはダメ。
話にならないものは話になりません。
この様なものは時の女神も解決してくれません。
行動の変化だけが解決の糸口になるのです。
今日は元々電車で行く予定でしたが、有料特急に乗ることにしました。
無駄に健康と寿命を害されてますからね。
電車内では寝ますw

ぐっすり眠ったわけではないけど、有料特急を降りたころには少しすっきりした気分になってました。
大阪まで来たのだからといきなり!ステーキへ行き、コンボを食します。
せっかくだから、コンボ450gを………w
和歌山のいきなりステーキはコロナ休業の後に、1店舗を除いて全て閉店してしまったんですよね。
おかげで誕生月ステーキ無料の特典を受け取れませんでした。
残念です。
そんなわけでここぞとばかりのコンボ450。
小食の方が健康に良いみたいな認識が定着してるけど、やせてたら免疫力が下がるし、それによってガンになりやすくなるし、コロナにも感染しやすくなります。
免疫力を高めるには体力が必要で、やや太ってる方が病気にかかりにくくなるのです。
「血管が詰まった」みたいな疾患にはかかりやすくなるけど、そもそも血液が栄養を運んでいなければ、意味がないのです。
血液は水ではないのでサラサラだから良いと言うわけではありません。
きっちり仕事をしてもらわないといけないのです。
栄養を運ぶと言うことは重要な仕事なのです。
まあ、糖尿病と言う病気もありますが…w
話は変わって、糖尿病と言うのは不思議な病気で、取りすぎた糖を尿によって体外に排出することは、むしろ血糖値を下げる効果が期待され良いことです。
ですから、病名を変えた方が良いです。
高血糖症とか…。
まあ、どうでも良いことだけど…。
どちらにしろ、安眠を妨害されるほど体に悪いことはないし、肉でも食ってないとやってられませんなw

ってなわけで、昼食も済ませて大阪駅まで来ました。
ここからは、無料シャトルバスで箕面観光ホテルを目指します。
難波からの無料シャトルバスはコロナの影響か運休しているらしく、大阪市内からはここ梅田から乗車するしかありません。
行ってみると、大阪梅田の乗り場にはもろ密行列ができており、シャトルバスを待つ人であふれていました。
やっと到着したと思ったら、運転手が何故かバス中の窓と言う窓を閉めてから乗車開始です。
乗車時には検温と手にアルコールスプレーをかけられ乗車です。
やっと座れたと思いバスの発車を待っていたら、婆さんと娘がバスを下りて行き、ガードレール付近にへたれこんでます。
婆さんの体調不良だそうですが、正直、
「(もろ密行列に並んでいた時に帰れよ)」
って感じです。
結局、婆さんと娘さんは再度バスに乗ることなく帰って行きました。
しらける場面を見てしまったため、窓を開けようかと思いましたが、たまたま僕が座った席は窓の開閉権がない席でした。
しかし、前の席の乗客が窓を開けてくれたので、換気の効いた席に変貌しました。
エアコンの空気も直接当たるように調整し、換気はバッチリです。
まあ、エアコンを車内循環にしてるってことはないでしょうからね、常識的に…。

大阪駅を出発した無料シャトルバスは大阪駅前、曽根崎警察署前、ホテルイルモンテ前を通り、新御堂へ。
どんどん北進し、みのおキューズモール横を通過し、その後、箕面有料道路には乗らず、大阪府道9号を西進。
聖母被昇天学院前を通過、阪急箕面駅南の踏切を渡り、住宅街を通り、そして山の中の住宅街も通り、箕面観光ホテルに到着です。
関係ない話、聖母被昇天学院とはなかなか良い名前ですね。
だけど、和歌山信愛女学院の方が良い感じの名前。
だって、信愛って愛を信じるだもんね。
愛を信じる女学院だもんね。
それと、甲子園常連高に大阪桐蔭高校があるけど、和歌山県立桐蔭高校の方が地名が入ってない分、名前的にはパンチがある。
(いずれも個人的な見解です)

ってなわけで、箕面温泉スパーガーデン、箕面観光ホテルに到着です。

箕面温泉スパーガーデン・箕面観光ホテル

箕面温泉スパーガーデン・箕面観光ホテル1

箕面観光ホテルの受付に行くとチェックインらしきことはしてくれるものの部屋に入れるのは15時からだとか。
湯快リゾートみたいに清掃が終わってれば部屋に入れてくれるスタンスではありません。
湯快はチェックインに来たら優先的に部屋の清掃してくれるもんね。
最速、正午12時から部屋に入れます。
話は戻って、部屋の前まで来ると、清掃している雰囲気はありませんが15時を待ちます。
そしたら「部屋の清掃が終了しました」みたいな館内放送がかかったので、いざ入室です。
部屋は「禁煙 ツイン シティービュー」です。
オーシャンビューの部屋ってよく聞きますけど、シティービューの部屋って初耳ですねw

箕面観光ホテル・部屋1

箕面観光ホテル・部屋2

箕面観光ホテル・部屋3

箕面観光ホテル・部屋4

箕面観光ホテル・部屋5

箕面観光ホテルのお着き菓子とレイトチェックアウトプラン。
箕面観光ホテルのチェックアウトは午前10時までです。
僕の場合は1人旅のため足元を見られ9時までにチェックアウトしなければなりません。
湯快だと正午12時までにチェックアウトすれば良いので、正直、かなりキツいです。
チェックアウト時間の延長は1日5部屋までと少なく、延長料金も結構高いので、この辺りは湯快に比べて大きく不利です。

箕面観光ホテル・お着き菓子

いきなりですが、ここで、湯かりとなぞなぞしましょ?
この構造の客室には普通はあるのに、この客室にはないもの、な~んだ?
湯かりはすぐに分かっちゃいました。

スパ

スパ

スパ

かぽ~ん

正解はシャワールームのカーテンでした。



いきなり、変ななぞなぞコーナーを入れてしまいましたが、気を取り直して…w
箕面の客室にはシャワールームのカーテンがありませんでした。
後に同様に宿泊する南紀串本の大江戸温泉にもシャワールームのカーテンがありませんでした。
まあ、室内でシャワーを浴びる際は、洗面所やトイレが水で濡れるのはやむなしですね。

続きまして、箕面観光ホテル自慢の客室から見えるシティービューの景色です。

箕面観光ホテル・景色1

夜景も

箕面観光ホテル・景色2

箕面観光ホテル・景色3

阪急・箕面駅がよく見えますね。
右手に見えるのは箕面学園高校でしょうか。

客室の次はカラオケです。
と言いたいところでしたが、コロナの影響で箕面のカラオケは営業休止中でした。
カラオケスナックしかないのかもしれませんね。

続きまして温泉です。
まずは、箕面観光ホテルの宿泊者専用の大浴場です。
この大浴場は男女入れ替え制になっています。
どちらの大浴場も当ホテル自慢の天空露天風呂が付いています。
結論から申しますと、自慢の天空露天風呂は全て箕面天然水の風呂でした。
要するに温泉ではありません。
温泉に入りたければ内湯に入りましょう。
男女入れ替え後の男湯の天空露天風呂は景色も良いため見ごたえもありましたが、箕面天然水の風呂です。
残念ですね。
ちなみにこの天空露天風呂、大阪平野が見渡せるのが売りとなっています。
逆に言うと、外から丸見えと言うことです。
昔は高原スケートや高原プールもあった箕面温泉。
山の中にあります。
すぐそこの箕〇学〇高校にバードウォッチング部があれば、………いや何でもありませんw
ちなみに内湯は狭いしあまり入る気にはなりませんでした。
宿泊者は無料で入れるスパーガーデンに行くべきでしょう。

スパガーデンについては明日行くとして、次は夕食バイキングです。
大江戸温泉は、湯快や伊東園と違い座席指定制でした。
そのため、例によってバイキング前にはもろ密行列。
バイキングには時間が指定されていますが、行列の待ち時間は考慮してくれるようです。
(朝食バイキングの時は時間が延長されなかったため必ずしもと言うわけではないようです)
もろ密の中、順番が回ってくるのを待つこと10数分。
10分延長されましたから、若干損した形になります。
バイキング時間は伊東園と同じく70分。
おそらく90分が標準なのでしょうがコロナ渦で短くなっているようです。
標準でも20分減らされているのですから、数分が気になるのは当然のことです。
湯快や伊東園と同じく割りばしになっています。
ただし、むき出しの割りばしです。
湯快や伊東園の割りばしは紙に包まれたものですから、感染症対策としては明らかに劣ります。

箕面観光ホテル・夕食バイキング1

もはや記憶にありませんがバイキングでは米を敬遠する僕ですが、何故か積極的に米を選んでますね。
米が魅力的だったのか、米以外のものに魅力がなかったのか…
バイキングで米でお腹を膨らませるのは、もったいないですよ。

箕面観光ホテル・夕食バイキング2

箕面観光ホテル・夕食バイキング3

本日の夜食です。

箕面観光ホテル・夜食

朝食バイキング

箕面観光ホテル・朝食バイキング1

箕面観光ホテル・朝食バイキング2

1人旅のため9時にチェックアウトする必要がありましたが(通常は10時チェックアウト)、箕面温泉スパーガーデンの営業は10時から。
折角なので、辺りを散策します。

こちらは昔あったと言われるケーブルカー跡の道路(?)と、その代替となる展望エレベータ。

箕面温泉・展望エレベータ1

箕面温泉・展望エレベータ2

箕面温泉・展望エレベータ縦

昔、日本一短い鉄道法による鉄道(ケーブルカー)が、山下駅(阪急箕面駅前)から山上駅(箕面観光ホテル・箕面温泉スパーガーデン前)まで運行されていたそうです。
このケーブルカーは無料だったそうです。
まあ、このケーブルカーやら何やらが高コストだったため、大江戸温泉物語になってしまったんでしょうか。
でも、大江戸温泉物語は良い買い物をしましたね。
このホテル、集客力ありますもんね。

でも、昔はケーブルカーだけじゃなく、箕面温泉高原スケートもあったそうですから、コストが高かったかもしれませんね。
湯快でもプールなどは残ってますが、箕面温泉プールは残っているようです。
あと、大江戸温泉はニューレオマワールドやホテルレオマの森とかも持ってますもんね。
僕がオーナーなら絶対レオマには手を出しませんわ。
怖い、怖いw
だって、ニュー・レオマワールドって、四国は香川県のド田舎にありますもんね。
まあ、こんぴらさんには割と近いけど…。

10時になったので箕面温泉スパーガーデンです。
箕面観光ホテルの宿泊者は、チェックアウト後でも当日なら無料で入場できます。
こちらは箕面観光ホテルの大浴場よりも広くて良いですね。
まあ、露天風呂はそこまで広くないですけど…。
こちらもホテルの大浴場と同じく、箕面温泉と箕面天然水の両方の浴槽があります。
温泉とただの風呂があると言うことですから、よく確認してください。
ホテルの大浴場みたいに内湯は温泉、露天風呂はただの風呂みたいに覚えやすくないですから注意が必要です。
箕面天然水はともかく、箕面温泉はとろとろで人気が高そうです。
良い温泉じゃないでしょうか。

最後にGoToトラベルのチケットを使った昼食です。
スパーガーデンで使いました。
ひつまぶしとうどんとカキフライですね。
チケットのおかげでリッチになっております。

箕面温泉スパーガーデン・昼食

帰りはバスの本数がそんなに多くないし、展望エレベータを使い、阪急箕面駅から梅田へ行き、電車で帰りました。
阪急箕面駅で、すんでのところで1本乗り遅れてしまいましたが、梅田での乗り換えを急いだら挽回できましたw
楽しかったです。
ばっはは~い

伊東園・大江戸温泉カテゴリの最新記事