歓迎されないコロナワクチン。打つなってことか?(3回目の接種が完了しました)

歓迎されないコロナワクチン。打つなってことか?(3回目の接種が完了しました)

ロシアがウクライナに軍事侵攻する事態になってしまいましたね。
正直、これは予想外でしたが、それだけアメリカによるNATOの拡大には警戒していたと言うことなんでしょうね。
1989年にベルリンの壁が崩壊、1990年には東西ドイツが統一されました。
このとき、アメリカとソ連の間には密約が存在し、これ以上NATOを拡大しないことが条件とされていたそうです。
しかし、その後もアメリカは約束を破り続け、旧ワルシャワ条約機構加盟国は元より、旧ソ連構成共和国にさえNATOを拡大してきました。
平和的にドイツが統一されたのは旧ソ連の協力があったからこそなのに、アメリカはそのような経緯を忘れて、どんどんNATOを拡大してきたわけです。
ソ連が崩壊した時にNATOを解体すると言う選択肢もあったはずです。
また、今回の戦争の直接的な引き金はアメリカがウクライナにジャベリンと呼ばれる武器を供与したことだそうです。
アメリカがジャベリンを供与してロシアは激怒し、アメリカとウクライナ、ロシアとベラルーシがそれぞれ軍事演習をしたのち、今回の戦争に至っています。
アメリカに武器を供与するように迫られたドイツが、ウクライナに
「ヘルメットを5000個やる。
必要なら取りに来な」
と言った対応とは、大きく異なります。
僕はかねてから、
「アメリカはイスラムと旧ソ連には手を出すな」
と言ってきました。
これらの地域にアメリカが手を出したら、ろくな結果にならないのです。
世界の警察官だなんてカッコつけてますが、たまには幸せな結末に持って行ってもらいたいものです。
これからロシアに対する経済制裁が激しくなります。
ただし、経済制裁は諸刃の剣。
その反動で、日本や世界中が不景気になるでしょう。
現在、原油が高騰していますが、ウラジオストクから新潟港に原油を大量購入すれば、逆にガソリン価格の低下が期待できます。
ウラジオストクは中東よりも近いので、輸送費も安くすみます。
まあ、そのようなことは実現しないので、大不況時代の幕開けとなるでしょう。
本当の地獄はこれからです。
ウクライナのゼレンスキー大統領は成人男性の国外への避難を禁止しています。
成人男性は戦力だからだそうです。
報道では市民、市民と言っていますが、ゼレンスキー大統領の言葉を借りれば、ウクライナの成人男性は軍人ってことになります。
また、市民が他国の軍隊にたてつくようなことは普通しません。
低く見ても、民兵ってところでしょうか。
また、情報戦、情報戦と言いますが、あれは真偽不明なことも含めて敵国のことをボロクソに言うことなんでしょうか?
情報戦と言うのはウソの拡散だと考えれば、実にショボいです。
イラク戦争の時にアメリカは、
「イラクには大量破壊兵器がある」
と言っていましたが、戦争が終わるとウソであることが分かりました。
イラクに大量破壊兵器はなかったのです。
アメリカは口先介入と戦争のあおりが得意です。
ウクライナは期待していたアメリカにまんまと騙されて、1人でロシアと戦うことになってしまいました。
また、ロシアのことをボロクソに言うのは構いませんが、ロシアの大部隊がキエフの手前に展開していることも興味深いです。
キエフが落とされたらどうするのでしょうか?
今後の戦争に注目です。

昨年7月には1回目のワクチン接種。
8月には2回目のワクチン接種を終えました。
そして、この3月に3回目のワクチン接種を完了しました。
しかし、ややオカルト的な話ですが、このワクチン接種が歓迎されていないようなことが起こりましたので、今回の記事を書きました。

1回目と2回目はファイザー社のワクチン。
3回目はモデルナ社のワクチンを接種しました。
2回目のワクチン接種時は、報道などを参考に、接種日とその翌日は年休を申請していました。
しかし、なぜか、接種翌日に仕事を入れられ、出勤となりました。
年休て一体何なんでしょう?w
ただし、接種翌日には38度1分の高熱が出たため、仕事を休みました。
初めから年休を通しておれば良いものを、無駄なことをしてくれたものです。

で、今回の記事は3回目のワクチン接種について。
この日私は、朝は大阪におり、和歌山に帰って来て、夕方に接種するように予定を立てていました。
私が利用する電車は天王寺11時25分発、関空/紀州路快速、関西空港/和歌山行きです。
本当は天王寺11時32分発特急くろしお白浜行きを利用したかったのですが、コロナによる需給調整のため運休しておりました。
11時24分、予定通り関空/紀州路快速が天王寺駅15番ホームに到着しました。
おもむろに乗り込み、座席の確保に成功しました。
しかし、この関空/紀州路快速、一向に出発しません。
なんでも、11時12分頃から阪和線・堺市駅にて車両の確認をしているので、列車に遅れが出ていると言うことです。
JR西日本によると、11時40分には11時45分から南海電鉄ほかにて振り替え輸送を開始すると発表したそうです。
この時に、車両の確認から車両トラブルに変更したそうです。
天王寺駅から南海電鉄を利用するには、お隣の新今宮駅を利用するのが最短ルートです。
新今宮駅で11時52分発特急サザン和歌山市行きに乗り換えるのがベストです。
振り替え輸送を開始したのが11時45分、乗り換えなければならないサザンは11時52分発。
わずか7分で1駅移動して、電車会社も変更しなければなりません。
この判断をとっさにするのはシャアのようなニュータイプじゃないと無理でしょう。
ちなみにその次は12時22分発の特急サザン和歌山市行きになります。
ただし、こちらの電車は1時間に1本しか走ってないことで有名なJR紀勢本線(和歌山-和歌山市)に連絡していません。
このJR紀勢本線(和歌山-和歌山市)はコロナによる需給調整に関係なく、昔から1時間に1本しか走っていないポンコツ路線なのです。
結局のところ、11時52分新今宮発の特急サザンに乗り遅れた場合は、12時52分発のサザンまで1時間待つ必要があります。
正直な話、なかなか使えないです。
かく言う私も当然のように11時52分発のサザンには乗り換えられませんでしたから、12時22分発のサザンを利用しました。
で、南海和歌山市駅からの乗り換え電車は存在していませんでしたから、お金を払って南海和歌山バスを利用しました。
これを3回目のワクチン接種日に経験すると言う、まさに悪魔の所業。
晴明神社以外にも、良い神頼みをしに行かなければならないようです。

アクシデントカテゴリの最新記事