湯快リゾートプレミアム 南紀勝浦温泉 越之湯

湯快リゾートプレミアム 南紀勝浦温泉 越之湯

わかやまリフレッシュプラン2nd、それは国と県が用意してくれた1年半にもおよびコロナと戦ってきた和歌山県民へのご褒美である。
しかし、6月22日に販売開始したと言うわかやまリフレッシュプラン2ndが、わざか20日間で完売、販売終了したそうである。
なんと言う早さ。
1ヶ月はおろか、3週間すら持たないとはw
しかし、国も我々国民に、果ては全世界の地球民に対してご褒美を用意している。
東京オリンピックである。
「みんなあ、オリンピックで………、盛り上がっちゃってえええええ」(パリピ・アイドル風に)

と言うわけで、はよ~ん。
今日は、わかやまリフレッシュプランが再開したら行こうと思っていた越之湯に行くよ。

越之湯は南紀勝浦温泉と言うこともあり、電車で行くか、車で行くか、迷っていました。
電車で行くなら安全・安心だけど、白浜を越えると電車の本数が極端に少なくなるんだよなあ。
大江戸温泉の南紀串本に行ったときは電車で行ったけど、今回はどうするかなあ?、ってところです。
結局、悩みましたけど車で行きました。
前日にきっちり寝てれば大丈夫、大丈夫。
ってなわけで、X軸ネットワーク道路を使い、新宮を目指します。

X軸ネットワーク道路

ってなわけで、山道をいろいろなものと戦いながら新宮市に到着。
取り合えず、餃子の王将・和歌山新宮店に行き、揚げそばと激まし餃子を頼みます。
前回の奈良へ行った記事とは違い、今回は写真はなしですw
この餃子の王将・和歌山新宮店、お店はもともとドラゴンって言うパチンコ屋で、その物件を「焼肉でん」とシェアしているので店舗、駐車場共に広々してます。
良い物件ですねw
昼食を済ませ、車に戻ってくると、にわか雨が降った様子。
実は台風が来ていて、その台風が関東北部か東北に上陸すると言う変則的な進路を取っていました。
そのため1週間前から天気予報を気にしており、天気予報では曇りもしくは晴れだと言ってました。
雨が降らない予報だったんですね。
見事にはずしたようです。
「(ええい、明日の天気も分からんくせに、100年後の気候について語るな)」バチコーン
と言う、いい加減な気候変動サミットについて文句を言いたくなりました。
話は変わりまして、南海トラフの巨大地震と言うのも名前を変え、何度も言われてるのにちっとも来ませんね。
阪神大震災や東日本大震災、熊本地震など、他のところで来てばっかりです。
南海トラフ沿岸にお住まいの方は、そのようなウソのせいで地震保険料が割り増しになっています。
地震科学者は「ウソを言って、すみませんでした」と地震保険加入者に謝るべきですね。

昼食の後は、イオン新宮ショッピングセンターで買い出し。
夜食の買い出しですが、手術後と言うこともあって、少なめにしてます。
買い物中に、また、雨が降ってきたようで、不安定な天気です。

ってなわけで、越之湯に到着。

越之湯

越之湯1

越之湯2

越之湯3

ここ、湯快リゾートプレミアム 南紀勝浦温泉 越之湯は、プレミアム館としてリニューアル後、一度、火事で全焼したところ。
全焼と言っても、入り口のあるフロントの棟で、ここには1Fにフロント、2Fにバイキング会場と、2階建ての棟が燃えただけなんですね。
奥には客室や温泉がある棟が別にあって、こちらは無事でした。
それでいつ再開するのかと心待ちにしていましたが、このコロナ禍の中で再開となりました。
そのため、フロントのある棟は新築になってますのでピカピカですねw
当時のニュースです。

みんな元気そうですね。

ニュースでは
「火は旅館全体に燃え広がり」
と言ってますが、これは間違いで、正式な名称は分かりませんが
「火はフロント棟全体に燃え広がり」
が正しいんでしょうね。
本当に旅館全体が燃えていたら、営業再開なんかできませんよw
そんなの全新築じゃんw

フロント棟から客室棟までの海側はテラスになってました。
南紀勝浦温泉を代表するホテル浦島も中の島もよく見えますね。
フロント棟から宿泊棟を見た写真。
写真右側のフロント棟の方がキレイですね。
奥の宿泊棟が無事だった証拠です。
って、当時でもヘリコプターの映像を使っているニュースなら宿泊棟が無事なのは確認できましたけどね。
それと、宿泊棟の左奥に移り込んでるのは、ホテル中の島の敷地ですね。

越之湯12

こちらは宿泊棟からフロント棟を撮った写真。
これだといまいち分かりませんねw

越之湯11

これは翌日、チャックアウト前に撮った写真。
宿泊棟側オーシャンテラスからの写真ですね。
左に写っているのですが、ホテル浦島ですね。
やや右にホテル中の島の敷地が写ってますね。
はいw

越之湯20

こちらはフロント棟側のオーシャンテラスからの写真ですね。
左奥にホテル浦島、少し右にホテル中の島の別館でしょうか(行ったことない)、右側には越之湯の宿泊棟が写ってますね。
越之湯も古いですからね。
構造に問題がありそうな気がしますw

越之湯21

昔、同じ職場の先輩が言ってました。
「勝浦と言えば、浦島と中の島と越之湯」
って。
なんでも、
「勝浦の湾の、近いところに浦島と中の島と越之湯が3つ並んである。
この3つが勝浦を代表する温泉旅館だ」
って。
まあ、その言葉通り、越之湯から浦島と中の島が見えて、なんか良い感じでしたw
浦島については、また別の記事で語るとして、ホテル中の島ってどうなんでしょうかね?
中の島は、島だから陸路でつながってないんだよなあ。
コスト高そうw
「ホテル中の島」は島1つまるまるがホテルの敷地で広くて良い感じらしいんですが、船で行くしかないんですよね。
越之湯から見ると割と近いですから、越之湯の裏あたりから橋でもあったら、コスト削減に役立つと思うんですよね。
と、チェックイン時に撮ったものだけでなく、チェックアウト前に撮った写真も使って、勝浦温泉について書いてしまったw

ってなわけで、いよいよ客室です。
<ランクアップ>和室10畳 【禁煙】です。

越之湯・部屋1

越之湯・部屋2

越之湯・部屋3

越之湯・部屋4

越之湯・部屋5

越之湯・部屋6

越之湯・部屋7

越之湯・部屋8

越之湯・部屋9

越之湯・部屋10

部屋の湯には温泉が使われてるようです。
温泉成分表が表示されています。

越之湯・部屋11

越之湯・部屋12

越之湯・部屋13

湯には温泉が使われてるためか、シャワーの出が非常に悪かったです。
温泉は貴重と言うことでしょう。

越之湯・部屋14

部屋の次は温泉です。
早速、温泉に行きます。
温泉は男女入れ替え制で、深夜に男女の大浴場が入れ替えられます。
まず、チェックイン日の男性大浴場は、内湯が1つと、露天風呂が2つでした。
全部、そんなに大きくはありませんでした。
内湯と海側の露天風呂は近くて、どちらのものとも分かりませんが、硫黄臭がしました。
残る庭園露天風呂からは、硫黄臭がしませんでした。
海側の露天風呂は、インフィニティ風呂なのか、そうじゃないのか微妙な露天風呂でした。
公式ホームページを見ても、この海側の露天風呂については、ほとんど記載がないですねw
僕の記憶では海を隔てた中の島の別館みたいな建物が見れたと思いますw
庭園露天風呂は硫黄臭もしませんし、あまり人気はないでしょう。
たぶん、部屋に引かれてる温泉も、庭園露天風呂の湯でしょう(適当)
翌朝の入れ替え後の男性大浴場は、内湯と露天風呂の計2個の温泉が楽しめます。
今度はお風呂が2個と1つ減りますが、いずれも大きめのサイズとなっております。
チェックイン日よりも、収容人員は多くて大丈夫だと思います。
あんまり記憶にないんだけど、どっちも硫黄臭がしたのかな?
よく覚えてませんw
まあでも、1日目の海側露天風呂の方が満足度は高いんじゃないでしょうかね?w
でも、海を隔てているとは言え、中の島の別館(と思われる建物)は思ったより近くに見えますよ。
それとは別に、日記みたいなものも書きますね。
1回目に海側の露天風呂に入ったときは、上の方からか、おっさんの声が聞こえてきてましたね。
客室から聞こえてきたんでしょうかね。
結構、ケンカ腰の声だったので、「(帰れよ)」って思いましたねw

温泉の次はカラオケです。
機種は、いつものジョイサウンドf1ですが、ここのカラオケコーナーは、コーナー内にトイレがありますね。
近い方も安心ですよ。
例によって、僕以外に利用者はいなかったようです。
湯快リゾート恒例のジャンカラブランドのカラオケボックスです。
スナックじゃない分、安全です。

カラオケも終わったら、夕食バイキングですね。
席は早い者勝ちのため、良い席を確保したいところです。
有料のアルコールコーナー前の席を確保しました。
コロナの過熱報道のおかげで人気ないんでしょうか?
割と食材から近いのに人気のない席でしたね。
ただ、酒飲みが良く訪れますw
そして、クーラーの風がもろに当たる場所でした。
空気が循環して良いかw

越之湯・夕食バイキング1

実はマグロの希少部位(焼く用のヤツ)とマグロの刺身が触れてしまい、しょうがないから、今回は全部軽く火を通すことにしましたw
あと、クーラーの風が良く当たるので、固形燃料の火が大きく揺らいでました。

越之湯・夕食バイキング2

千畳名物の海鮮焼きでも食べようと思ったら、前の人に全部持っていかれてしまった。
ってなわけで、怒りのマグロ3種盛りですw
甘エビとフローズン・マンゴー・スムージー(ジュースかと思ったらソフトクリームみたいなシャーベットだった)でごまかしつつマグロを食べます。
夏だと言うのに体の芯から冷えますw
クーラーの風もキツくて体の芯まで冷えますw
って、話は戻りまして、越之湯って、元々は千畳と同時にプレミアム化されたんですよね(遠い目、海鮮焼きつながり)

越之湯・夕食バイキング3

気を取り直して、海鮮焼きです。
って、コロナの意識高すぎて、思わず、海鮮焼きを盆に直接乗せてしもたわw
他の人に取られたらイヤやったし、焦りすぎたw

越之湯・夕食バイキング4

越之湯・夕食バイキング5

夕食も終わって、メール会員有料時間1時間無料カラオケも堪能しました。
その後はAmazonプライムデーに買ったAmazon Fire HD 10 Plus(2021年モデル)を使って、Kindleマンガなどを読み読み。
やはり、マンガは大画面に限るわあ。
深夜風呂にも行きます。
ん? 脱衣所のイスに岩盤浴のタオルが大量にかけられてます。
よく見たらスマホまで置かれてるし…。
「(物騒だなあ)」
と思いつつも、ある疑念がわいたので確認。
確認してみると、岩盤浴のタオルが使い放題であることが発覚しましたw
なんともw

深夜風呂も済ませた後は、夜食でも食おうw
手術もしたので、少なめですよw

越之湯・夜食

翌朝は朝食バイキング。

越之湯・朝食バイキング1

海鮮丼ですね。
それと、温泉卵を食べるの久しぶりですねw
卵ばっかり食べると体に悪いので、控えてるんですよね。

越之湯・朝食バイキング2

みそ汁と、おなじみの紀州梅うどんですね。

越之湯・朝食バイキング3

朝食バイキングが終わった後は、男女入れ替わった大浴場を堪能したり、昨日も撮ったオーシャンテラスからの写真も撮ったりしてチェックアウト。
正午チェックアウトなので、時間に余裕がありますねw
帰りもX軸を使って帰りました。
ばっははーいw

湯快リゾートカテゴリの最新記事