アクセスランキング

  1. 湯快リゾートプレミアム 南紀白浜温泉 ホテル千畳

    は~い、今回は湯快リゾートプレミアム ホテル千畳に行きますよ。 ホテル千畳はプレミアム化前に一度来ているので、2度目となります。 ホテル千畳は和歌山県の白浜温泉にある温泉ホテル。 和歌山県民の僕としては長く眠れます。 前日の夜は若干アニメをたしなんだ後、就寝。 ゆっくり寝ますが、正午12時にはホテル千畳に着く計画です。 はい、目覚ましが鳴る前に目が覚めました。 でで、正午前に到着。 玄関前にシャワ […]

  2. 湯快リゾート 南紀白浜温泉 ホテル千畳

    こちらは、初めて湯快リゾート ホテル千畳へ行ったときの記事になります。 2回目に行ったときの記事はこちらになります。 2回目はプレミアム化された後の記事です。 では、記念すべきホテル千畳、1回目の記事をどうぞ。 前回の湯快リゾートPremium 白浜彩朝楽(旧・ホテル古賀の井)。 プレミアムなバイキングを優先するあまり、「本ズワイガニまるごと食べ放題」を軽視する羽目に…。 そのリベンジに、湯快リゾ […]

  3. 湯快リゾート越之湯の火災から金波荘にたどり着くまで

    始めは4分遅れだった。 某駅での電光掲示板の文言である。 次に自動音声で3分遅れとアナウンスされた。 そして、運転見合わせと発表された。 こんにちは、ソニックです。 今回はタイトル通り 1:越之湯の火災 から 2:金波荘にたどり着くまで の顛末を書きたいと思います。 4月に伊勢神宮に参拝(志摩彩朝楽と鳥羽彩朝楽の計2泊の旅)して来ましたが、 秋には熊野三山詣でを計画していました。 宿泊予定宿は湯快 […]

  4. 湯快リゾートプレミアム 白浜御苑に宿泊して赤ちゃんパンダの彩浜を見よう

    今回は2度目の白浜御苑の記事です。 前回はプレミアム化前に宿泊しました。 今回はプレミアム化したばかりの白浜御苑に宿泊しちゃいます。 記事の終盤にパンダの画像や動画が豊富にありますよ。 では、スタートです。 は~い。 本日の宿泊地は、湯快リゾートプレミアム 白浜御苑。 白浜御苑は昨年9月2日より、リニューアル工事のため休館。 この3月15日にプレミアム化されリニューアルオープンしました。 今回はリ […]

  5. 伊東園ホテルズ「彦根ビューホテル」とスーパー銭湯とカラオケとひこにゃんと

    休みの使い方を考えてみる。 今月も1泊2日ぐらいの時間は確保できそうだ。 問題は予算。 安く仕上げないと後々ピンチになりかねない。 で、プランを考えてみた。 プラン1は大江戸温泉物語「箕面観光ホテル」。 プラン2は伊東園ホテルズ 彦根ビューホテルで「紅ズワイガニ食べ放題」。 プラン3は神戸市内の某所(目当ては有馬温泉)。 全て価格次第である。 プラン1は結構ねばったが予算オーバー。その気になれば予 […]

  6. 湯快リゾートプレミアム 南紀白浜温泉 白浜彩朝楽

    今回は白浜彩朝楽に初めての宿泊の記事になります。 2度目の宿泊に記事はこちら 2度目の白浜彩朝楽(プレミアム)宿泊で白浜の花火を見よう 年末年始の疲れをいやすため、「どこか行きたいなあ」と思っていました。 以前、大阪で泊まった格安のビジネスホテル、浴槽がぬめってました。 どこか良いホテルに泊まりたい。 私は、旅行サイトをあさっていました。 その時に見つけた某ブログ。 誰のどのブログか覚えてません。 […]

  7. 湯快リゾート 和倉温泉 金波荘

    ハロー。 突然の朝っぱらからの電車の運転見合わせにより、湯快バスに乗れずに自分の車で金波荘まで来たことは、前回の記事で書いた。 北陸自動車道は制限速度が80キロの区間と100キロの区間が混在しており、これからの季節は積雪も考えられるため注意が必要だぞ。 冬の北陸をなめたらダメだからな。 でで、無事、金波荘までついた僕は、チェックインを済ませ、カラオケを確保する。 まあ、無事だったのか、無事じゃなか […]

  8. 湯快リゾート 温泉リゾートホテル 志摩彩朝楽

    この記事は2018年春の伊勢志摩旅行の第2段記事になります。 関連記事はこちら 第1段 伊勢神宮へ行こう 第3段 湯快リゾート 温泉リゾートホテル 鳥羽彩朝楽 2度目の記事 伊勢・志摩 湯快リゾート 志摩彩朝楽 はい、志摩彩朝楽に到着しました。 まだチェックイン時間の正午にはなっていません。 ではパシャパシャと写真を撮らせていただきましょう。 パシャッとな。 源泉は三重県津市美里町の新美里温泉・長 […]

  9. 湯快リゾート 南紀白浜温泉 白浜御苑

    こちらは、初めて白浜御苑に宿泊した時の記事です。 2回目の白浜御苑の宿泊はプレミアム化したばかりの時でした。 2回目の宿泊の記事では、パンダの写真や動画も豊富ですよ。 赤ちゃんパンダもいますし…。 パンダが見たい方やプレミアム化後を知りたい方は2回目の記事をどうぞ。 では、初めての白浜御苑、スタートです。 6月、日本には梅雨と言う特別な季節が訪れる。 この季節は雨が多くジメジメする。 ジューンブラ […]

  10. 2度目の白浜彩朝楽(プレミアム)宿泊で白浜の花火を見よう

    今回は、白浜彩朝楽に2度目の宿泊となります。 前回の記事はこちら 湯快リゾートプレミアム 白浜彩朝楽 8月5日午後5時半ごろ、湯快リゾートプレミアム 越之湯で発生した火災はホテルの旧館2館をほぼ全焼する大災害となった。 筆者も秋には越之湯に宿泊する南紀勝浦温泉の旅行プランを考えていました。 そのプランは越之湯に宿泊しながらも、外湯の温泉を積極的に利用するものです。 利用する温泉は洞くつ温泉の忘帰洞 […]

  11. 湯快リゾート 下呂温泉 下呂彩朝楽本館

    は~い。 道の駅「椿はなの湯」(和歌山県白浜町)、「関西最強・花山温泉」(和歌山市)と2つの源泉かけ流し温泉で肌を肥えさせて来た僕が次に行くのは、またまた湯快リゾート「下呂彩朝楽・本館」です。 日本三名泉・下呂温泉です。 事前の情報で「下呂彩朝楽は別館よりも本館の方が泉質が良い」と聞いていた僕は迷わず本館を選択。 新聞広告の湯快リゾート直行往復バス無料券を片手に新大阪からバスに乗車します。 早朝の […]

  12. 湯快リゾート 恵那峡温泉 恵那峡国際ホテル

    今回はいきなり心の声から書かせてもらう。 「(恵那峡国際ホテル、最高やなあ。天国かよ)」 では、湯快リゾート 恵那峡国際ホテル、スタートです。 1月の湯快リゾートは、正直、プレミアム化したホテル千畳に行くつもりでした。 しかし、湯快リゾートのメールマガジン「湯快な旅マガジン」に1月の湯快バス無料キャンペーンが載ってました。 いつもはメールボックスの中に埋もれてしまいがちですが、今回はよく発見しまし […]

  13. 「湯快リゾート 湯原温泉 輝乃湯」と「湯原温泉 砂湯」

    はよ~ん。 今回は露天風呂番付「西の横綱」の湯原温泉に行くよおお。 まあ、いつもの通り湯快リゾートの湯原温泉にある輝乃湯なんだけどねえ。 ってことで、湯快リゾート 輝乃湯はっじまるよおおおおおお。 今回行く湯快リゾート 輝乃湯は岡山県にある施設。 と言うことで、湯快バスも新大阪:午前9時50分発(9時35分集合)と朝に余裕のある日程になっております。 ってことで、前日はアニメを見て夜更かし。 翌朝 […]

  14. 湯快リゾート 温泉リゾートホテル 鳥羽彩朝楽

    この記事は2018年春の伊勢志摩旅行の第3段記事になります。 これまでの記事はこちら 第1段 伊勢神宮へ行こう 第2段 湯快リゾート 温泉リゾートホテル 志摩彩朝楽 ども。本日は志摩彩朝楽から鳥羽彩朝楽を目指します。 カーナビの指示によると基本的には志摩彩朝楽から国道167号に乗って鳥羽彩朝楽へ向かいます。 途中、三重県道61号を使いショートカットします(近鉄穴川駅や志摩磯部駅方面へショートカット […]

  15. 湯快リゾート 黒部・宇奈月温泉 宇奈月グランドホテル

    「また、遠いとこ行くなあ。ひょっとしたら、雪積もってんのとちゃうか?」 と言われて来たのが、湯快リゾート 宇奈月グランドホテル。 今回は電車で京都駅まで行き、京都駅からは湯快バスで宇奈月まで送ってもらう予定です。 電車は遅れることなく、無事京都まで来ました。 何度か書いてますが、新大阪ではなく京都から乗るのはバスよりも新快速の方が速いからです。 ただ、バスの方が遅れているらしく、湯快リゾートの社員 […]

  16. 湯快リゾート 片山津温泉 NEW MARUYAホテル

    ハロハロー。 今日は湯快バスに乗って片山津温泉 NEW MARUYAホテルに向かいますよ。 先月の金波荘の悪夢があったので一層余裕をもって家を出ました。 今回は、天王寺発梅田経由・片山津温泉粟津温泉行のバスがあると言うことで、梅田から乗車します。 梅田9時20分発(9時05分集合)のバスです。 これが一番遅起きできるバスです。 電車の方も時間に余裕のある電車を選びました。 先月のような運転見合わせ […]

  17. 平成最後の特別企画「三大テーマパーク末席をめぐる戦い」ナガシマリゾート「長島温泉 湯あみの島」 vs 刈谷ハイウェイオアシス「天然温泉かきつばた」

    日本の三大テーマパークと言えば、東のディズニー(千葉県浦安市)と西のユニバ(USJ、大阪市)。 上記の2つは確定として、後1つはどこだろうか? 旅行業界などは遠出して欲しいので、三大テーマパークの残る1席は、九州のハウステンボス(森の家、長崎県佐世保市)とする向きがある。 しかしハウステンボスの入場者数は三大に入れるほど多くはない。 入場者数や規模、そして認知度で三大にふさわしいのは、中日本のナガ […]

  18. 大噴湯記的、湯快リゾート「東海地区ランキング」

    やってまいりました。 大噴湯記的、湯快リゾート「東海地区ランキング」のお時間です。 このランキングは、ネットの評判等を気にせず、大噴湯記の独断と偏見で決めさせてもらいます。 まず、第1位はじゃーん。 恵那峡国際ホテルです。 湯快リゾート 恵那峡国際ホテル お部屋に和室ではなく和洋室を選んだのが良かったのかもしれませんが、この部屋は格別に良かったです。 これ絶対、ランクアップルーム並でしょう。 バイ […]

  19. 【令和1発目記念】湯快リゾート 山代温泉 彩朝楽【1号館】

    平成も終わり令和になって初めての温泉旅行は、偶然にも令和1発目にふさわしいホテルになりました。 それは、湯快リゾート 彩朝楽(山代温泉)です。 今まで、白浜、志摩、鳥羽、下呂(本館)と彩朝楽は4館に宿泊してきましたが、今回の宿は地名なしの彩朝楽です。 伊東園ホテルズにおける伊東園ホテルみたいなものです。 湯快リゾートの原点とも言えるこのホテルで、大噴湯記の令和初めをさせていただきます。 今回、彩朝 […]

  20. 湯快リゾート 湯村温泉 三好屋

    新大阪を出た湯快バスは新御堂を北上。 そのまま箕面有料道路に入り、箕面とどろみインターより新名神に入る。 神戸ジャンクションより中国自動車道、吉川ジャンクションより舞鶴若狭自動車道に入る。 そして、西紀サービスエリアにて休憩。 まんぷくセット(カレー、うどん、温泉たまごのセット)920円(税込)を食す。 休憩後、春日ジャンクションより北近畿豊岡自動車道に入り、八鹿氷ノ山インターを下りる。 その後、 […]

  21. 湯快リゾート 粟津温泉 あわづグランドホテル

    今月は休みの関係で豪華2本立て。 行けるときに行っとけと言うことで、湯快リゾート あわづグランドホテルに行きます。 今回はさらに実験的で、初の日曜チェックインの月曜チェックアウトです。 行きの電車が空いてて便利そうなので、この組み合わせにしてみました。 前回の彩朝楽(山代温泉)の時は、ガラガラだったけど、日曜だと宿泊客は多いのでしょうか? まあ、取り合えず行ってみます。 行きの電車が空いてそうって […]

  22. 休暇村 紀州加太

    ハロハロ~。 今日は休暇村紀州加太にやって来ましたよ。 休暇村紀州加太は和歌山市北西部の沿岸沿いにあり、2016年7月1日にリニューアルオープンしたばかりのホテル。 すこぶる良いとの評判を聞いたので、わざわざやって来ました。 と言うのもここの大浴場、日帰り入浴のお客さまは正午から午後3時までの3時間しか入場できる時間はありません。 さらに、午後3時50分には出て行かなくてはいけないと言うシステム。 […]

  23. ホテル浦島に宿泊して大洞窟温泉「忘帰洞」を満喫し、熊野三山を巡ろう

    はよ~ん。 今回は、湯快リゾートプレミアム越之湯の火災以来、手つかずになっていた南紀勝浦温泉にチャレンジするよ。 今回の目的地は「ホテル浦島と熊野三山」です。 今回の予定は、 まず熊野那智大社に行き、登山と那智の滝を見学。 ホテル浦島に行き、大洞窟露天風呂「忘帰洞」「玄武洞」で登山の汗を流す。 夕食と朝食のバイキングを楽しみ、夜はぐっすり寝る。 チェックアウト後、火事で燃えてしまった湯快リゾート […]

  24. スパリゾート雄琴“あがりゃんせ” と、おごと温泉の周辺施設

    本日は青春18切符が手に入ったので、日帰り温泉を楽しみたいと思う。 早く行かないと台風21号がヤバい。 行き先を考えてみる。 京奈和自動車道、名阪国道などは和歌山県民にとっては無料高速なため、JR和歌山線沿線や、奈良、三重の方面はお得感が見えてこない。 一方、東海道本線の新快速はすこぶる速いため、新快速を利用して遠くの温泉地に行ってみたい。 うむ、JR湖西線に「おごと温泉駅」(滋賀県大津市)と言う […]

  25. ホテル千畳に3度目の宿泊して、アドベンチャーワールドに行こう。今回はケニア号に乗るぞ(ケニア号の写真なし)

    今回は、今年2回目、通算で3回目のホテル千畳の記事となります。 白浜の湯快リゾートの記事、多すぎですね。 多すぎ警報発令中です。 例によって前日は夜まで深夜アニメを見て、本日は遅めの起床。 これも例によって私が和歌山県民だからなせる業です。 今回の宿泊地は同じ和歌山県の白浜温泉、ホテル千畳。 硫黄臭のするインフィニティ風呂が魅力的な湯快リゾートのプレミアム館です。 11時を少し回ったころには餃子の […]

  26. フォルテワジマ「ふくろうの湯」

    日本最古のコンビニをご存じだろうか? 多くの人はセブンイレブンと答えるだろう。 しかし、日本にセブンイレブンが登場する前から、コンビニと言う言葉が誕生する前から、コンビニ(のような店)は日本に存在するのである。 それがナイトショップ「いしづち」である。 「いしづち」は愛媛県にフランチャイズ本部があったコンビニ(のような)チェーン店である。 そう、もう「いしづち」の本部は存在しない。 しかし、ナイト […]

  27. 犬鳴山温泉 み奈美亭

    新聞の折り込みクーポン券を片手にやって来ました、犬鳴山温泉 み奈美亭。 この温泉は大阪府道・和歌山県道62号の大阪府側にある温泉です。 ちなみにこの道を南に3kmほど行った和歌山県側には神通温泉があります。 神通温泉と書くとご利益がありそうです。 ちなみに「じんづう温泉」と読むそうです。 で、今回来たのは犬鳴山温泉 み奈美亭。 前述の大阪府道・和歌山県道62号を通ってやって来ました。 一般的に和歌 […]

  28. 和歌の浦温泉 萬波 MANPA RESORT(萬葉の湯)

    9月4日正午ごろ、徳島県南部に非常に強い勢力で上陸した台風21号は、近畿地方の送電網に多大な損傷を負わせ、関西電力管内に記録的な大停電を巻き起こしました。 関西電力のホームページで提供されている停電情報も停電軒数のあまりの多さから午後1時30分現在の更新を最後に自動集約システムがダウン。 その後は、手作業による暫定軒数の発表に切り替えました。 僕の家も夜になっても停電が続いていたため、取り合えず晩 […]

  29. 世界の大温泉「スパワールド」4階ヨーロッパゾーン

    湯快リゾートでカラオケに行くようになった僕は、湯快リゾートでなくともカラオケに行くようになっていた。 「ふ~ん、土日祝日でもフリータイムはやってるのかあ」 カラオケ初心者の僕は、カラオケをなめていた。 今日は土曜日ではあるが昼食を食べてすぐさまカラオケに行ってみた。 フリータイムねらいだ。 しかし、カラオケに着くと「フリータイムは終了した」と言う。 困ったものだ。 本日の予定が狂ってしまう。 そこ […]

  30. 伊勢神宮へ行こう

    この記事は2018年春の伊勢志摩旅行の第1段記事になります。 続きはこちら 第2段 湯快リゾート 志摩彩朝楽 第3段 湯快リゾート 鳥羽彩朝楽 1日目は湯快リゾート 志摩彩朝楽で1泊。 2日目は伊勢神宮の外宮と内宮を参拝後、鳥羽彩朝楽に1泊。 3日目で家に戻る。 こんな計画をしていました。 どうも大噴湯記です。 今回は伊勢志摩ですよ。 当方、和歌山県住みですが、志摩彩朝楽には正午12時にチェックイ […]

  31. 世界の大温泉「スパワールド」6階アジアゾーン

    JRおよび南海の新今宮駅に到着しました。 新今宮駅の構造には詳しくありませんが、あえて目的地とは反対方向へ向かってみます。 新今宮駅、西出口から外へ出ることにしました。 なかなかに個性的な出口です。 西出口から外へ出て北側へ歩を進めると、星野リゾートのホテル建設予定地が見えてきました。 広大な空き地です。 そして個性的な西出口と同様に、目の前にはディープ大阪が展開されています。 星野リゾートの建設 […]

  32. きのくに温泉(ウェルネス・コート海南)

    今日は海南市の「きのくに温泉」に行こうと思い、行って来ました。 海南市は、和歌山市の南側に隣接する市で、関西電力の海南発電所や新日鉄住金の和歌山製鉄所(海南地区)、エネオスのグループ会社の和歌山石油精製の製油所など工場が多く立地している工業都市である。 新日鉄住金は、2019年4月から、日本製鉄に社名変更するそうである。 和歌山製鉄所は、元々は住友金属の主力製鉄所であり、社名から住金の文字が消える […]

  33. 滝原温泉 ほたるの湯

    休みに長寝をしていたら、いきなりのっぴきならない理由で起こされ、家を追い出された。 急に家に大事なお客さんが来るようになったのだとか…。 今日はクリスマス・イヴだもんね。 行き場を失った僕は取り合えず温泉に行くことにした。 急なことなので、どの温泉に行くかは正直悩んだが、広川町の「滝原温泉・ほたるの湯」にすることに決めた。 まだ時間も早いし、飯を食ってからゆっくり行ける。 湯快リゾートに行くように […]

  34. 湯快リゾート あわら温泉 青雲閣

    はよ~ん。 今日も朝も早よから新快速で京都へ。 湯快リゾート 青雲閣へ新大阪発京都経由あわら温泉行きの湯快バスで向かいます。 今朝は新快速が少し遅れ気味。 まあ、余裕持って行ったので大丈夫だったけど、バスの方もやや遅れ気味に京都へ到着。 早速乗り込みます。 運転手が外で乗客の対応してる隙に、ババア登場。 「運転手に言わんでも良いか(運転手に言わずに勝手に乗り込んでも良いか) 席も(車内に)書いてる […]

  35. 白浜温泉 崎の湯

    ホテル千畳の後は、崎の湯に行こうと決めてました。 白浜には大昔に湯崎七湯と言われる湯場がありました。 その湯崎七湯の中で唯一現存するものが崎の湯になります。 白浜は日本三古泉の1つですから、崎の湯は現存する日本最古の温泉である可能性があります。 関係のない話ですが、昭和生まれには懐かしいザ・ドリフターズの「いい湯だな」と言う歌、 全4番で、1番は登別、2番は草津、3番は白浜、4番は別府となっていま […]

  36. 龍神温泉 元湯

    ええい、今日はヤケクソです。 熊野本宮大社へ行ってやるです。 と、家を飛び出したのは良いのですが、道中、なんか面倒くさく感じるように…。 有田川町から国道424号、和歌山県道198号を乗り継いで、国道311号で熊野本宮大社を目指すルート。 通過地点の田辺市龍神村に入ったころで 「そうだ、龍神温泉にしよう 日本3大美人の湯だし、ブログも書けるし…。 (湯快リゾートばかりだと、変に思われるし…)」 と […]

  37. 有田川温泉 光の湯(鮎茶屋)

    ひょんなことから、朝っぱらから風呂に行こうと決意し、やってまいりました。 有田川温泉 光の湯(鮎茶屋)です。 こちらは有田市の国道42号線沿いにあるひときわ目立つ建物にある温泉です。 温泉としてはまだ新しく、昔は温泉なしの鮎茶屋として営業しておりました。 現在は温泉ありの鮎茶屋として営業しておりますw 着いてみると温泉は11時からだとか…。 現在は10時半。 食事処も11時からだとか…。 仕方がな […]

  38. 道の駅「椿はなの湯」(椿温泉)

    和歌山県には古くから有名な温泉がいくつかあります。 日本三古泉の1つで、三大温泉地にも数えられる白浜温泉。 日本最古の公衆浴場と知られる湯峰温泉(田辺市本宮町)。 そして、白浜温泉の陰に隠れがちな椿温泉(白浜町)です。 椿温泉には道の駅「椿はなの湯」と言う日帰り温泉施設があります。 場所は紀勢自動車道の南紀白浜ICと日置川ICのちょうど真ん中。 国道42号沿いです。 500円で入浴できます。 ちな […]

  39. 花山温泉 薬師の湯

    和歌山県には白浜、椿、龍神、湯峰、勝浦などなど有名な温泉がありますが、まだ50周年そこそこながら関西最強の炭酸鉄泉をうたっている温泉もあります。 和歌山市の花山温泉です。 花山温泉は阪和自動車道・和歌山ICから南に約1kmと言う好立地にあります。 本当にいつでも行ける温泉って感じですね。 私の知り合いも花山温泉で当時の上司であるデブダヌキと出くわしたとか。 温泉で知り合いとは会いたくはないですね。 […]

  40. ホテル イルモンテ

    こんにちは、ソニックです。 今回は更新感を出そうと新企画に挑戦しました。 ビジネスホテルです。 もう、温泉が関係ありませんw では、スタートですw 梅田じゃあ、梅田に用があるんじゃい。 とやって来ました、大阪です。 大阪に1泊します。 条件を考えてみます。 手ごろな価格で、大阪駅に近い所が良い。 実は梅田界隈にはビジネスホテルが多いです。 梅田の南東の地域は繁華街と言うか歓楽街と言うか風俗街として […]

  41. 紀三井寺温泉 花の湯(紀三井寺はやし)

    本日は和歌山県民には温泉にはまるCMでおなじみの「紀三井寺はやし」へ行って来ました。 正確には「紀三井寺ガーデンホテルはやし」と言う温泉ホテルです。 そこの温泉施設が「紀三井寺温泉 花の湯」として日帰り入浴に対応しています。 僕なんか名前を覚えられず「紀三井寺温泉 はやしの湯」とずっと呼んでましたが…。 と言うことで、日帰り温泉「紀三井寺温泉 はやしの湯」、スタートです。 今日は朝も早よから電車で […]

  42. 湯快リゾート 山中温泉 山中グランドホテル

    はよ~ん。 今日は湯快リゾート 山中グランドホテルへ行くよお。 ってことで、昨夜は去年の同じころに放送されたアニメ「転生したらスライムだった件」を見る。 「(ああ、ドラクエ7よりも魔王を倒す理由はありそうだ)」 とか思いながら…。 個人的にドラクエ7は「魔法のじゅうたん」を手に入れたところで、数年放ったらかしになってるゲーム。 時間ができたらクリアするつもりだけど、魔法のじゅうたん入手の頃は「失わ […]

  43. 空庭温泉

    大阪に一度は行ってみたい温泉がありました。 空庭温泉です。 空庭温泉はJR大阪環状線・弁天町駅直結のショッピングモール「大阪ベイタワー」内にある温泉施設。 開業は2019年2月26日と、開業して半年そこそこの真新しい温泉になります。 空庭温泉と言う名前もあって、自慢なのは天空庭園。 都市型の温泉、天空庭園が売り、関西最大級の温泉テーマパーク、真新しいとあって、期待に胸ふくらませながら行ってみました […]

  44. 有馬温泉 金の湯とセカンド・イン梅田

    今日は有馬温泉に行ってやるです。 と言うことで、家を出てから数時間、神戸電鉄「有馬温泉駅」に着いていました。 本日の目的地は「有馬温泉 太閤の湯」。 有馬温泉 太閤の湯は、昨年春よりリニューアル工事に入り、今年2月14日にリニューアルオープンしているはずでした。 そのため私は、ずっと長い間心待ちにしていたのです。 しかも、リニューアルオープン直後は混乱もあるだろうと、こ慣れてきたころの3月を見計ら […]

  45. 横浜ベイホテル東急

    今回は異色の記事です。 今回はゆるい団体旅行に参加して横浜を目指します。 宿泊地は横浜ベイホテル東急です。 では行ってみよう。 新大阪から新幹線に乗り新横浜まで行きます。 新幹線の車内から富士山を激写しようとしましたが、あいにくの天気(曇り)のため厳しい状況に。 車両前よりの電光掲示板に「新富士駅通過中」と表示されたのを合図に、無理と判断して寝ました。 新横浜から横浜線・快速にて4駅停車・1駅通過 […]

  46. 美里の湯 かじか荘

    年始早々、記事の執筆で迷っている。 このようなことは、このブログ史上初めてだ。 温泉だと思っていったら、それは昔の話。 現在も湯場として営業はしているものの、今はもう温泉ではなかったのだ。 詳しい事情は分からない。 しかし、1つ言えることは、今はもう、温泉法の基準に満たしていないと言うことだ。 今回行ってきたのは「美里の湯 かじか荘」。 昔の名称で言うと「美里温泉 かじか荘」。 前述したとおり、今 […]

  47. 【期間限定ページ】今後の予定

    最近は暑い日が続いてツラいですね。 注意すべきはコロナよりも熱中症。 最近はコロナの死者よりも熱中症の死者の方が多いですからね。 それと人類はいまだインフルエンザすら撲滅できてないんですから、コロナについて偉そうに語る専門家に騙されてはいけませんよ。 コロナの撲滅はおそらく無理ですからね。 コロナに過剰に心配するよりも、経済が死に、生活に困窮し、自殺者を増やさないようにする方が賢明でしょう。 経済 […]

  48. 温泉ブログ、はっじまるよおおお

    温泉ブログ、はっじまるよおおお

  49. 「メルヴェール有馬」と有馬温泉「太閤の湯」

    はよ~ん。 今回は有馬温泉だああああああああ。 しかも、宿泊もするんだああああああ。 前回は有馬温泉「金の湯」へ行って来ましたが、今回は「メルヴェール有馬」に宿泊して有馬温泉「太閤の湯」へも行っちゃいます。 では、スタートです。 今回は目的地が神戸市の有馬温泉。 湯快リゾートみたいに正午からチェックインできるわけでもないので、和歌山県民の僕は遅い起床となります。 前日は例によってアニメ等を楽しんだ […]

  50. 紀州黒潮温泉

    和歌山市と海南市の境にある人工島・和歌山マリーナシティ。 ここは1994年に開催された世界リゾート博のために作られた埋め立て地。 世界リゾート博は始めは閑古鳥が鳴いている状況でしたが、在阪テレビ各局が夏休みのおすすめスポットとして放送してくれたおかげで、最終的には大成功を収めた博覧会でした。 博覧会が終了した1年後には、施設の有効活用のために「光の回廊 ルミナリエ」なるイベントを開催し、結果的にこ […]

  51. 伊勢・志摩 湯快リゾート 志摩彩朝楽

    自分でもよく分からない理由での残業・激務が続き、身も心もクタクタ。 さらによく分からない残業記念で、某直営店でカラオケしたら、ジョイサウンド MAX 2。 いやいや、直営店でクソ高い料金でカラオケしてんだからMAX GOにしてくれよ、と思いつつ帰宅。 旅行の前だと言うのにアニメも見ずに就寝&起床で、微妙に偏頭痛を起こしながら、はよ~ん。 寝不足日程からの旅行で頭が痛いです。 世間を騒がせている新型 […]

  52. 「しみず温泉 健康館」と「あらぎ島」

    今日はしみず温泉・健康館へ行くよ。 ってことで、有田川町から国道480号で高野山方面に走ります(高野山までは行きません)。 で、着きました、あらぎ島です。 あらぎ島は旧・清水町(現・有田川町)の国道480号の旧本線から見える観光名所です。 近くには道の駅「あらぎの里」があるので、そこを目印にすると良いでしょう。 僕もここには何度か行ったことがあります。 ってことであらぎ島です。 写真は1枚しかあり […]

  53. ホワイトデイ:学校という名の迷宮(コロナに必死な人が怖い)

    2019年12月31日、中国・武漢市で原因不明の肺炎が発生していると中国政府からWHO(世界保健機関)に報告がなされたのを皮切りに、世界規模で新型コロナウイルスと人類との戦いが始まりました。 2020年の1月16日には中国武漢市に滞在歴のある神奈川県在住の30代男性(中国国籍らしい)が、国内で初めて新型コロナウイルスへの感染が確認され、1月28日には奈良県在住の60代男性が日本人として初めて新型コ […]

  54. 湯快リゾート 下呂温泉 下呂彩朝楽別館

    はよ~ん。 お疲れのため昨夜は早寝するつもりが、Kindleのマンガにはまってしまい、相変わらずの遅寝。 今朝も寝坊しかけたところなんとか間に合い新大阪まで来ました。 新大阪から新快速に乗り京都を目指しますが、その前にちょっとトイレです。 朝起きてからトイレに行っていないため、今ここで行く必要があります。 新大阪駅のトイレは男性は大便器個室が8部屋あり、そこそこな数が用意されています。 しかし、利 […]

  55. グロリアスセイバー

    今年のゴールデンウィークは日程と天候に超恵まれているのに、人口比で言うと1%にも満たない新型コロナウイルスの感染者数に悩まされている人が多いことでしょう。 僕もです。 これって絶対、最後に笑うのはこの期間に遊びまくってた人ですよ。 東京の方で夜の飲み屋に行かず、普段マスクしてるような人は絶対感染しないですって…。 いろいろもったいない自粛期間です。 ってことで、今月も温泉はなしでスマホゲームについ […]

  56. ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君(失業率が1%悪化すると自殺者は何人増えるの?)

    日本政府は新型コロナウイルス感染症の感染拡大が止まらないことから、4月7日、東京・大阪を含む7都府県(愛知県は指定対象外)に緊急事態宣言を発令。 また、緊急事態宣言対象地域から地方へ避難する人が多く見られたことから、地方での急激な感染拡大を防止するために、4月16日には対象地域を全国に拡大することを発表した。 不要不急の外出を控えることや、3密(密閉、密集、密接)を避けゼロ密を目指すことが求められ […]

  57. 4度目のホテル千畳。今回はプレミアム和洋室に泊まるぞ

    はよーん。 遂に日本政府もバカなマスコミを振り切り、国民を破産死から守るためにGo To キャンペーンなる経済振興策に舵を切ることにしたようです。 経済衰退により、コロナ死する人よりも破産死する人の方が多くなっては元も子もありませんからね。 人類は大昔から風邪なる病と闘い、毎年多くの感染者と死者を出していますが、大きくは報道されません。 インフルエンザなる病は多少大きく報道されますが、こちらも同様 […]

  58. マスコミが大失敗としたGo Toトラベルキャンペーン、早くも一部旅行サイトで予算が枯渇し始める

    表題が全てですが、少しまとめますw 楽天トラベル:10月9日以降はGo To トラベルキャンペーンクーポンの利用は1人1回までとする。 既に、クーポンを取得済みのお客様であっても例外ではない。 ← 無茶苦茶w 「じゃらん」「一休.com」「Yahoo! トラベル」の3社は税込み1万円以下の旅行については35%引き、1万円以上は税込み3500円引きとする。 ただし、適用開始時期が違います。 じゃらん […]

  59. 伊東園リゾート 伊豆熱海温泉 ホテル大野屋

    はよ~ん。 今日は青春18きっぷを使い熱海まで行きます。 まずは、大阪から新快速・米原行きに乗り、京都、大津、彦根を越えて米原へ。 米原から普通・大垣行きに乗り大垣へ。 大垣から快速・豊橋行きに乗り、岐阜、名古屋を越えて豊橋へ。 どうでも良いことですがJR東海の普通・快速用の座席はイスが浅くて座り心地が悪いですねw 深くできなかったんでしょうかね? って言うか、電車のイスに浅いとか深いとかあるとは […]

  60. きのくに中津荘

    久しぶりに温泉旅行、イエーイ。 と言うことで、今日は久しぶりに温泉旅行に行きます。 しかし、湯快リゾートもバイキングなし(弁当)、バスなし、カラオケなし、と三重苦の様子。 バイキングも欲しいし、バスも欲しいし、カラオケも欲しいですね。 しかもお近くにある白浜の湯快リゾートは全館プレミアム館と言うことで、湯快がコロナ前から配っていた半券(半額チケット)が使えない状態。 他の温泉ホテルもコロナで大変な […]

  61. 湯浅温泉 湯浅城

    世間では、意識の高いマスコミが外出自粛を呼び掛けているが、おそらく効果はないだろう。 日本の医学部には医学科と言うのはあるが、感染予防学科や健康研究学科と言うのは聞いたことがない。 医者と言うのは病気になった人を治療するのが仕事であり、治療方法を研究したりするが、感染症の予防対策や健康について真剣に研究する学部学科はないようである。 医者になるには資格がいるが、そこに感染症予防対策の専門家と言う肩 […]