道の駅「椿はなの湯」(椿温泉)

道の駅「椿はなの湯」(椿温泉)

和歌山県には古くから有名な温泉がいくつかあります。
日本三古泉の1つで、三大温泉地にも数えられる白浜温泉。
日本最古の公衆浴場と知られる湯峰温泉(田辺市本宮町)。
そして、白浜温泉の陰に隠れがちな椿温泉(白浜町)です。

椿温泉には道の駅「椿はなの湯」と言う日帰り温泉施設があります。
場所は紀勢自動車道の南紀白浜ICと日置川ICのちょうど真ん中。
国道42号沿いです。

前1

前2

道の駅の交通看板

500円で入浴できます。
ちなみに回数券ですと5,000円で15回入浴できます。
1回あたり333.3円です。
回数券の有効期限は1年です。
そして、源泉かけ流しです。
椿はなの湯はpH9.9の強いアルカリ性となっております。
(温泉はpH10.0以上だと強アルカリ性に分類されます。その一歩手前です)
温泉は源泉かけ流しの単純硫黄温泉となります。
同じ硫黄泉でも硫化水素泉ではないため、卵の腐ったような臭いはほとんどしません。

浴室のレポートに入ります。
狭めの脱衣所を抜けると狭い大浴場にでます。
大浴場にあるのは、
・源泉を加温した循環なしの大浴槽
・源泉かけ流しの檜風呂
・洗い場が5席。
・窓を出て行くと露天風呂と言いたいところですが、ただの庭
・シャンプーとコンディショナーは資生堂TSUBAKI
です。
すでに書きましたがハッキリ言って狭いです。
混雑時には行き場所がなくなります。
ふらっとやって来た入浴客が、大浴槽の人数に諦め、檜風呂には先客がいて、洗い場は満席。
仕方がないから露天風呂でもと窓を抜けると、長椅子とともに日本庭園(?)が…。
なんてことがよくあります。
この道の駅は人気があります。
人が多いです。
冗談じゃないです。
でも、源泉かけ流しの硫黄温泉です。
アルカリ性も強いです。
加水なしの循環なしです。
悩ましいところです。

入浴以外に源泉を買うこともできます。
屋外の自動販売機で、50ℓ100円で販売しております。
実際は50ℓ以上出るため、かなり大きい入れ物を用意しておく必要があります。
まき風呂があれば、自宅で入浴できます。
期間限定になりますが、夏には無料で足湯も利用できます。

自販機遠目

源泉の自動販売機
道の駅「椿はなの湯」の周辺案内図です。

周辺図

混雑さえしていなければ、大変お得な入浴施設です。
一度、お試しいただいたらどうでしょうか?

日帰り温泉カテゴリの最新記事