湯快リゾート 下呂温泉 下呂彩朝楽本館

湯快リゾート 下呂温泉 下呂彩朝楽本館

は~い。
道の駅「椿はなの湯」(和歌山県白浜町)、「関西最強・花山温泉」(和歌山市)と2つの源泉かけ流し温泉で肌を肥えさせて来た僕が次に行くのは、またまた湯快リゾート「下呂彩朝楽・本館」です。
日本三名泉・下呂温泉です。

事前の情報で「下呂彩朝楽は別館よりも本館の方が泉質が良い」と聞いていた僕は迷わず本館を選択。
新聞広告の湯快リゾート直行往復バス無料券を片手に新大阪からバスに乗車します。
早朝の特急に乗り新大阪へ…。
寝不足です。
新大阪で湯快バス、発見。乗車です。(写真なしw)

新大阪を出た湯快バスは新御堂を北上し、吹田インターより名神高速道路へ…。
桂川PAで時間調整した後、次の停留所・京都駅を目指します。
新大阪と京都駅で乗客がそろったため、いよいよ下呂温泉へ向けて走ります。
大阪の人はJRの新快速を利用し京都駅から乗車すれば、少し長寝できます。
新快速の方が断然速いですからねw

京都から再び名神高速に乗り、次の休憩場所・多賀SAに到着しました。
そこからは東海環状自動車道の未開通区間があるため、東海北陸自動車道をはさんでの美濃加茂ICへ。
国道41号へ下り、下呂温泉へ舵を切ります。

昼食は白川園本舗・七宗御殿で…。

白川園

ここは湯快リゾートとライバルの大江戸温泉物語の直行バスの昼食場所になっているようです。

白川園・歓迎看板

ここの店員は「湯快リゾート限定ランチ」通称「リゾートランチ」を勧めてきましたが、僕はカツ丼(大)にしました。
既存の豪華ランチの茶そばをミニサイズに変更して、1品を劣化させたランチのようです(うろ覚え)。
店員さんはやけに自信たっぷりに勧めていましたが、1品ならぬ2品までも劣化されたランチを選ぶ気にはなれませんでした。
おそらく別のバスの客には大江戸ランチとして提供してるのでしょう(想像)。
どうやらリゾートランチは茶そば以外は作り置きしているらしく、すぐに提供できるようです。
リゾートランチに力を入れる理由が分かります。
また白川園のトイレは面白いです。
総ヒノキのトイレだそうです。
ただし、洋式は狭いです。

白川園・和式便器1

白川園・和式便器2

白川園・洋式便器1

白川園・洋式便器2

実は白川園は上の写真のトイレを売りにしていますw。

白川園・看板1

白川園・看板2

そうこうしてる間に湯快バスは下呂温泉街に到着。
温泉街の細道を通り別館でお客を下ろし、来た道を戻ります。
そして山の上にある本館に到着。

本館・外観

本館・正面玄関

本館・看板

ちなみに別館は下呂温泉街にありますが、下呂駅には本館の方が近いです。

バスから降車後、ロビーで説明を聞き(集団チェックインw)、カラオケルームへ…。
なんと、カラオケが取れませんでした。
カラオケルームは全6室あるものの、そのうち2室は調整中で使用不可。
使えるのはたったの4部屋しかありません。
手痛すぎます。

仕方がないので大浴場へ。
う~ん、こちらも泉質には過度な期待をしていたため、満足できませんでした。
ネット上では、
「下呂温泉の古くからの源泉に近い本館の方が別館よりも泉質が良い」
なんて書かれていますが、それ以前に新湯が少なすぎです。
詳しくは後に書きますが、別館の露天風呂にも入りましたが、こちらは満足できました。
普通に別館(の露天風呂)の方が泉質が良いと思います。

入浴後、昼寝しようと思ったら、上の客室で騒いでいる模様。
窓際の椅子を移動されたら、結構、響きます
JR高山本線からもガタンゴトンと列車の音が聞こえます。
街側の部屋なので断然景色は良いです。
部屋は、和室(1~2名)【禁煙】です。

本館・客室1

本館・客室2

本館・客室3

本館・客室4

客室からの景色です。
ちなみに別館側を向いてますw

本館・客室景色1

本館・客室景色2

夕食バイキング。
今回は鍋ラーメンに挑戦しました。
はい、七味入れすぎました。

本館・鍋ラーメン1

具材は鶏肉と玉ねぎと、白菜。
血液をサラサラにするため玉ねぎ多めです。

本館・鍋ラーメン

ラーメンコーナーから、チャーシューとメンマとネギを取って来て、入れすぎた七味の挽回を図ります。

本館・鍋ラーメン3

本館・鍋ラーメン4

本館・鍋ラーメン5

本館・鍋ラーメン6

スープ以外完食しましたw

本館・鍋ラーメン7

こんなのも

本館・ぜんざい

食事終了です。

本館・食事終了

夕食終了後は有料カラオケへ…。
メール会員のため1時間は無料。
前回の鳥羽彩朝楽で湯快の新聞クーポンで1,000円分の館内利用券をもらっていたため、ここで使用。
カラオケは1時間540円のため80円を実費負担して2時間確保。
有料時間に合計3時間カラオケします。
カラオケ3時間の途中、爺さんが間違えて入ってきました。
鳥羽彩朝楽の無料カラオケの時は予約時間に行くとガッツリ歌われていたため、2館連続・通算2回目の乱入被害になります。
湯快リゾートは5館にしか泊まっていないため、被害率は実に4割です。
「湯快リゾートあるある」でしょうか。

翌朝、露天風呂に入りに別館へ行ってみました。
本館⇔下呂駅⇔別館と30分ごとに巡回バスが出ております。
ただし、運転手の昼食休憩がありますので、その時間帯の運行はありません。
で、巡回バスで別館に来ました。

別館1

別館2

別館3

別館4

別館5

ここの露天風呂には洗い場もあり良い感じです。
露天風呂に注がれる湯は山の方から流れてきており、よく見ようと思いましたが、注がれてくる湯が熱かったのと、巡回バスの時間が近かったので諦めました。
本館の大浴場は新湯が少ないと思いましたが、別館の露天風呂はそうは思いませんでした。
別館の大浴場には入浴してませんが、露天風呂の泉質から思うに、本館の大浴場より悪いことはないでしょう。
う~ん、別館の方が良いかもしんないw

別館、露天風呂へ向かう通路からの景色です。
ちなみに本館側を向いているのですよw

別館景色

ちなみに別館のカラオケも全6室あり、その内の2室が調整中になっていました。
皮肉にもカラオケは本館と全く同じ状況です。
別館近くの写真スポット

下呂温泉・写真スポット

帰りのバスまでの時間、下呂温泉街で昼食をとることにしました。
で、文字通り下呂温泉街の中心地とも言える場所で「鶏ちゃん(けいちゃん)」と言う奥飛騨の郷土料理を見つけました。

鶏ちゃん1

そして余裕の完食(どやあ

鶏ちゃん2

店の人曰く
「意外とあっさりしてるでしょ?」
とのことでした。
確かに薄味でした。
しかし、見た目から濃い味を期待していたので、あっさりを良しとする風潮には疑問を感じます。
濃い味で良いやん。
ガリガリが健康なわけでもないし…。
ちなみにあっさりはしてましたが美味しかったですYO。

帰りのバスも白川園、多賀SAと来た道を帰りましたが、京都駅で降ろさせてもらいました。
明日の予定もあるので、早く家に帰りたかったのですw
新快速は早いので、1本前の新大阪発の特急くろしおに間に合いました。
大阪の人でも、京都駅利用は良いかもしれません。

ではまた。

下呂彩朝楽に関する記事一覧

湯快リゾートカテゴリの最新記事