SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(旧・南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア)

SHIRAHAMA KEY TERRACE HOTEL SEAMORE(旧・南紀白浜 梅樽温泉 ホテルシーモア)

はよ~ん。
今日はホテルシーモアに行くよ。

今回は、ホテルに着くまでが、長いですよw
盛りだくさんです。
では、スタートです。

今日は朝から風が強く、電車で行くか、車で行くか悩んでいました。
阪和自動車道/湯浅御坊道路の4車線化は12月18日に完成しますが、逆に言うと、まだ完成していません。
「(電車で行くか)」
と言うことで電車で行くことにしました。
徒歩で駅に向かいましたが、家のすぐ近くの細道で、オッサンが自転車で突っ込んで来ました。
僕は左によけましたが、オッサンはかたくなに真ん中を通ろうとしてきます。
いや、せめて、どっちかによけてくれよw

駅に近づいてくると、女子高生がキャアキャア騒いでいました。
強風でスカートがめくれているのかと思ったら、
「寒い」だの「寒くない」だので盛り上がっていました。
風は冷たいが、風が吹いていなければ暖かかい感じでした。
風を通さないタイプの服なら寒くはないでしょう。

電車に乗る前に、駅前のラーメン屋で昼食を取ることにしました。
いつもは税込み950円の大盛りラーメンを頼みます。
しかし、今日はラーメン定食のおかずが餃子だったので、定食にしました。
こちらは税込み850円です。
しかし、定食を頼んだのは良いものの、なかなか料理が出てきません。
注文から20分経ち、ようやく定食ができました。
定食を食べ、お金を払おうとすると、
「950円です」
と言われ、不審に思いましたが950円払って店を出ました。
去り際に、玄関前の看板を見ましたが、定食は850円になってました。
「(いつもの大盛りラーメンと間違えられたか)」
よくよく思い出してみると、この店って、過去にも思うことがありました。
と言うのも、実はコロナ禍にメンズデイを廃止して定休日にしてる時期がありました。
元々は、メンズデイの翌日が定休日で、定休日を避けるためにも、メンズデイに食べに行ってると言うところもありました。
しかし、メンズデイに行くたびに店が閉まっているので、
「(潰れたか)」
と思うようになりました。
そのため、数か月もの間、真剣に潰れたのだと思っていましたw
しかし、今はメンズデイは復活しております。
ひょっとしたら、影で僕を「いきなりステーキ」に行かせていたのはこの店かもしれません。

駅に到着すると、乗るつもりの電車が出た後でした。
「(やはり、20分も待たされて、間に合わなかったか)」
やはりこれも、
「(やっぱりステーキの1,000円ステーキは何か違う
経営の自由度なさすぎやろ
それと、コロナなんかへっちゃら系ベジタリアンの店はオマエが元祖かい)」
と思ったのが原因でしょうか。
(注:「コロナなんかへっちゃら系ベジタリアンの店」とは、ステーキ店なのにサラダバーが付いた店のことです)
仕方がないので、トイレに行くことにしました。
電車に乗る前に、用を足しておくに限ります。
しかし、駅のトイレは不十分で、用を足すのはあきらめました。
案外、駅のトイレよりも、電車内のトイレの方がキレイで充実してることがあります。
でも、駅のトイレの方が充実していて欲しいですね。

ホームに戻ると、また、女子高生が騒いでいました。
到着する電車に対して、身を乗り出して待つ女子高生を見て、
「(おいおいおい、前に出すぎやろ)」
と思わずにはいられませんでした。
みんな、テンション高いなあ。

電車に乗ると、面白い会話が聞こえてきました。
男1人と女2人による若い男女の会話です。
女1「今まで付き合った彼氏で、一緒にK-POP見に行こうと言ってくれる人、誰もいなかった」
いきなり、重いのか軽いのか、よく分からない話です。
さらに
女1「元旦、行こう」
と、2人を韓国旅行に誘い出しました。
男1・女2「う~ん」
それに対して、2人は渋っているようです。
女1「元旦、行こう」
どうやら、大事なことなので、2回言ったみたいです。
男1・女2「う~ん」
ファーン、ガタンガタン、ガタンガタン。
どうやら、彼女は、今、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大が連日ニュースになってるのを知らないようですね。
日本では大丈夫で、まだ屁みたいな数しか感染してません。
しかし、世界に目を向けると、隣国の韓国での感染状況が悪くて、騒がれています。
それについて、日本でも水際対策を取られています。
岸田政権と国土交通省は、11月29日、日本に到着する全ての国際線の新規予約を停止するように、航空各社に要請しました。
期間は12月末までで、これには日本人も含まれます。
マスコミは、海外にいる日本人が帰国できないと、大いに叩きました。
これは僕は、マスコミがアホだと思います。
海外にいる日本人は、会社都合も含めて、全て自己責任で海外に行ってるのですから、放っておいて良いでしょう。
しかし、バカマスコミが大いに叩くので、岸田政権と国土交通省は、12月2日、この要請を撤回しました。
これについては、
「(岸田政権は弱腰だなあ)」
と思います。
バカなマスコミの言うことなんか聞く必要ないのにね。
その証拠に、読売新聞社が12月3日から5日に行った世論調査では、岸田内閣の支持率が上昇しています。
特に、「全世界からの外国人の新規入国を停止したことについて」は89%が評価すると答えました。
これは同「評価しない」の8%を11倍も上回る結果となりました。
外国人は入国できないけど、日本人は入国できるみたいですね。
しかし、帰国した日本人からオミクロン株のクラスタが発生したら、マスコミは自分で責任は取らずに、また政府を叩くのでしょうね。
セコいですね。
マスコミみたいな人間にはなりたくないですね。

さて、旅行に話を戻しますと、電車の乗客も少なくなってきました。
電車内では寝ることにしていました。
しかし、誰かが携帯で通話し始めたようですよ。
通話してる人を探してみると、話してる女性と目が合いました。
でも、通話をやめてはくれませんでした。
なかなかの強心臓の持ち主のようです。
女性の声から推察すると、女性はどこかの店の店員で、会社の人と話してるようです。
仕事で使ってる女性の個人のSNSアカウントが、何か変な人にフォローされたようで、それについて話してるようです。
おそらく、商品の宣伝に使ってるアカウントなのでしょう。
僕だったら、電車内で通話する会社の人のアカウントなんかフォローしたくないんだけどなあ。
変わった人もいるものです。
途中、トンネルに入って通話が切れたようです。
しかし、トンネルから出たら、また通話を再開しました。
根性です。
女性「すみません。今、トンネルに入って…」
会社の人ではなく、この車両の乗客に謝って欲しいものです。
「(ブロックするだの、しないだの、会話してますが、オマエの会社はブラックだ)」
そう思いつつ、眠りにつきました。

電車は紀伊田辺駅に到着しました。
運賃節約のため、電車は白浜の手前で終了ですw
ここからは明光バスの力を借りよう。
南和歌山医療センター経由・三段壁行きのバスに乗り込みます。
バス内でお爺さんが、ゴホゴホ、ゴホゴホせき始めました。
これは、南和歌山医療センター経由だから仕方がないのでしょうねw
ちなみに、終着地の三段壁にある三段壁洞窟はなかなかのものだから、おススメです。
まあ、関係ないんですが…w
そうこう言っているうちに、ホテルシーモアの向かいにあるバス停「新湯崎」に到着です。
そしてこちらが、ホテルシーモアです。

ホテルシーモア

左側の建物がシーモアで、新湯崎のバス停は上下線とも右側の空き地(?)の中にあります。
続いて次の写真。

ホテルシーモア1

シーモアの近くには崎の湯もあります。
上の白色の建物がシーモアで、右下の側道の先にあるのが崎の湯です。
周辺の紹介も終わったところで、おもむろにチェックイン。
本日は修学旅行生の宿泊があるそうで、19時半から20時半の間は学生が大浴場を利用するそうです。
別にその時間、大浴場を利用してはいけないと言うわけではないけど、念のため教えてくれました。

続いて客室です。
部屋は、【和室】10~12畳/4名迄/喫煙です。

シーモア部屋1

シーモア部屋2

シーモア部屋3

シーモア部屋4

実はテレビの上にも電灯があるのですが、これは点灯させるとチカチカしていて困りましたw

シーモア部屋5

シーモア部屋6

シーモア部屋7

シーモア部屋8

続いて部屋から見える景色です。
こちらがチェックイン日の午後です。
ちなみに海に向かって伸びている道は、白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)に続く道です。
海中展望塔もシーモアの施設です。

シーモア景色1

こちらはチェックアウト日の午前です。

シーモア景色2

ここで、また脱線w
今回は携帯の話題が多いので、その1つ目です。
前回、auのネット専用プランpovo(1.0)からpovo 2.0に乗り換える予定だか、乗り換えた、と書きかました。
povo 2.0が0円スタートなのは魅力的ですからねえ。
ネット専用プランが始まる前までは、ドコモ、au、ソフトバンクに各1回線ずつ、計3回線契約してました。
将来的には、その内の2回線は0円スタートのpovo 2.0に移す予定です。
今まではネット専用プランでコスト削減できたと思ってました。
しかし、更なるコスト削減の波が来ていてビックリです。
で、旅行のときにはpovo 2.0回線には課金実績を残すためにも「データ使い放題24時間」(税込み220円)をトッピングする予定でした。
で、今日がその旅行の日です。
早速、povo 2.0アプリを立ち上げます。
おかしい。
何かエラーが出たと思ったけど、その後、ログインできないw
いろいろ試しましたが、ログインできない理由がさっぱり分かりません。
ネットで調べてみると、povo 2.0にはログインできない障害が発生していたそうです。
その障害は復旧しましたが、アプリの再インストールが必要だと言うことが分かりました。
アプリの再インストールにかかる詫びギガ300MBが配布されてるそうです。
ちなみに300MBとは、0.3ギガのことですね。
しかし、その詫びギガを受け取るにはログインしなければならない。
再インストールに必要な300MBは、再インストール後に受け取れると言う、もやもやする展開です。
そこで、ホテルの無料Wi-Fiを使いpovo 2.0アプリを更新しました。
再インストールするにはアンインストールする必要がありますが、更新でも無事ログインできました。
ってことで、詫びギガ300MBゲットです。
いや、オブテインです。( ← ポケモン回避対策)
しかし、詫びギガを受け取ってしまったため、データ使い放題24時間を付けるのがバカらしくなってきましたねw
ってなわけで、データ使い放題24時間はなしだ。
来月に付けようw

課金実績は残さなかったけど、使用実績は残したpovo 2.0。
これで充分だと思いますね。
ってなわけで、次は大浴場です。
夜には修学旅行生が団体でやって来ますからね。
昼に入っとくべきでしょう。

大浴場で湯かりちゃんに遭遇。
お父さんがミユと呼んでいるように聞こえました。
うむ、美湯か。
湯かりちゃんより良い名前かもしれない。
ここの大浴場は、大浴場自体が3段に分かれています。
入り口は上段にあり、上段は足腰がふらつく方に、入ってもらうように設置したようです。
洗い場もあります。
上段は「波の湯」と名付けられています。
中段は大浴場のメインになるところになります。
座湯やツボ湯もあります。
洗い場も多めです。
この中段、もしくは大浴場全体は「海の湯」と名付けられているようです。
下段は露天風呂です。
露天風呂は、露天風呂自体が、また3段に分かれており、「三段の湯」と名付けられています。
三段の湯の最下層は深さ120cmの立ち湯となっています。
三段の湯はインフィニティ風呂です。
内湯である上段と中段はガラス越しに海が見えますが、ガラスが曇っているとよく見えません。
海が見たければ下段の露天風呂「三段の湯」に行きましょう。
三段の湯にも洗い場があります。
ちなみに、露天風呂に続く通路は激寒でした。
冬だから仕方がないですねw
ここで、いったんまとめます。
要するにこう言うことです。
大浴場は3つに分かれてますが、その3つともに洗い場があると言うことです。
ちなみに僕は、中段のツボ湯(源泉かけ流しのツボ湯)と、下段の露天風呂の立ち湯を行ったり来たりしました。
ツボ湯は良い感じにぬるくて、いつまでも入ってられる感じです。
立ち湯はそこそこ人気なので、行ったり来たりしました。
立ち湯からは崎の湯も見えました。
当ホテルの施設、白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)も見えます。
あと、中段の座湯は、あまり体に湯が当たらないので、湯自体は熱めに設定されてました。
やっぱりここのツボ湯みたいに、良い感じにぬるいと長風呂になってしまいますね。
タイトルにもある通り、リニューアル前は梅樽温泉と名乗っていたようです。
これは梅干しを漬ける樽が名前の由来になってます。
梅樽温泉とは、梅樽を使った、大きめのツボ湯みたいなものですね。
大きいので1人用ってわけではないようです。
よって、リニューアル後の今のツボ湯も大きめだったですよ。
相席するほどじゃないですけどねw
ちなみに梅樽温泉と名乗っていましたが、白浜温泉ですよw
大浴場にもシャンプー等が設置されてますが、大浴場前にシャンプーバーなるものもあります。
シャンプーバーでは5種類のシャンプーとトリートメントを選べるらしく、混ぜることも可能です。
シャンプーには強いこだわりを感じます。
一方、大浴場内でカミソリを発見することができませんでした。
カミソリはゴミ箱に捨てるように書かれていたので、昔は置かれていたようです。
ちなみに客室にもカミソリが置かれてなく、どうやらコスト削減のために入荷をやめたようです。
これもコロナの影響だろうか。
カミソリは置いておいて欲しいんだけどなあ。

温泉の後は夕食ですね。
夕食はバイキングを選択せずに、クエ鍋を選択しました。
円座と書いて「わろうだ」と読む食事会場で夕食です。

シーモア・夕食

左上からあら汁、ごはん、お茶。
右に行って、こんにゃくみたいな柔らかいの、大根の炊いたやつ、茶碗蒸し。
わらび餅、天ぷら、刺身(イカ、マグロ、カンパチ)ですね。
そして、大奥がクエ鍋です。
このクエ鍋、正直、固形燃料用コンロだったのでガッカリしました。
しかし、問題のクエは良かったです。
さすがに、とろけはしませんでしたが、プリプリでした。
クエはプリプリに限ります。
本当にとろければ、最高だったんですが、そこは幻の高級魚。
僕の払った料金からすると、充分良いクエでした。

夕食を食べ終わると、修学旅行生がちょうど、ホテルに到着したようで、ロビーに集まっていました。
意外と男子高校生が少ないようで、女子高校生中心に見えました。
そそくさとロビーを通り抜け、エレベータで自室に戻りました。

先月、ドコモのAndroidガラケー「SH-01J」ゴールドからauのiPhone 12 mini 128GB青に乗り換えました(MNP)。
風の噂では、来年iPhone SE(第3世代)が発売されると言われており、携帯各社は在庫処分に走っているようです。
iPhone SEとは、激安中華スマホ(Android)に対抗するために生まれた激安iPhoneです。
iPhone SE、特に第2世代のそれは、安い価格と、高性能なスペックで投入され、2020年春に発売されると、即、大人気となりました。
ただ第2世代の本体、と言うか画面サイズは4.7インチ、そして、iPhone 8のデザインをそのまま流用した、コンパクトで安上がりなデザインになっています。
一方、iPhone 12 miniは、激安ではなくフルスペックのiPhoneの小型版。
こちらは2020年秋に発売され、価格は高いです。
画面サイズは5.4インチと第2世代のiPhone SEより大きくなります。
しかし、iPhone 12 miniはベゼルレス(ディスプレイを保護するための周囲の外枠がない)端末となるため、本体サイズはほぼ同じです。
すなわち、どちらも同じ年に発売された小型のiPhoneだと言えます。
元々、iPhone 12 miniは激安のiPhone SE(第2世代)に完全に負けた端末で、発売当初から、世界中で「全く売れないiPhone」になってしまいました。
2021年に変わったころには、早くも生産中止がささやかれ始め、不良在庫の行方が注目されるようになりました。
そして、来年の2022年には第3世代のiPhone SEが発売されるとの噂があり、第2世代のSEならびにiPhone 12 miniも、絶賛、在庫処分中なわけです。
ってなわけで、買いましたよ、iPhone 12 mini 128GB 青。
このiPhone 12 miniのデザインって、大昔のiPhone 4の頃に絶賛した両面ガラスじゃねえかw
iPhone 4ならびにiPhone 4Sは、スティーブ・ジョブズの時代のデザインです。
この前に中古で買ったiPhone XS 512GB スペースグレイも伝統の両面ガラスだけど、iPhone 12 miniは、側面も含めてiPhone 4のデザインを再現しています。
しかし、iPhoneと言えばスペースグレイと言うぐらい、僕はスペースグレイの端末を買ってきました。
しかし、このiPhone 12 miniは、在庫処分中の言わば特別提供品であり、さらに64GBではなく128GBを選択すると言う個人的な贅沢。
さらに、僕自身が在庫処分に乗り遅れていると言うこと、さらにさらに家電量販店をはしごしないと言う楽をした結果、青と言う初めての色を選択してしまいました。
その結果出てくる答えが、
「ダサい」
の1言w
iPhone 4で初めて登場した両面ガラスは(スペースグレイだと)カッコ良かったです。
しかし、それ以外の側面のゴツゴツした感じは肌触りも悪いし、他のスマホを傷つけてしまうバッドデザイン(悪いデザイン)。
iPhone 4(スペースグレイ)の頃はそれでも許せましたが、今となっては…、しかも青だとこれはキツいわw
側面は再現しなくても良いんだよw
ちなみに、iPhone 4の側面にはスリット(切れ目、隙間)が設置されてます。
このスリットを指で押さえると、電波の感度が極端に悪くなると言う裏技が存在するから、注意が必要です。
これは、iPhone 4の側面がアンテナになってるからで、このスリットを指で押さえると、電波の流れが変わるためです。
アンテナの長さが変わるのです。
そのため、iPhone 4では後にカバーが無償で提供されました。
これはアップルからの
「カバーでも付けて、スリットを隠しておけ」
と言うメッセージです。
当時のアップルのCEOのスティーブ・ジョブズ氏はiPhoneにカバーを付けれらるのを嫌いましたからね。
「(カバーを付けるとは、)俺のデザインが気に入らんのか?」
って感じの人でした。
カバーの無償配布は苦渋の決断だったことでしょう。
ちなみにiPhone 4Sではデザインは引き継がれましたが、スリットの数は増えました。
しかし、どんなにスリットを押さえても、電波感度が悪くなることはありませんでした。
側面はアンテナじゃなくなったんですかね?w
この頃は、iPhoneもAndroidも本当に安売り天国で良かったです。
通信会社からすると、
「通話ぐらいしかしないガラケーよりも、例え本体が無料であっても、多額のパケット代(通信料)を払ってくれるスマホを持って欲しい」
時代でした。
今もおそらく、本音は変わらないでしょうけど、今はそれを国が許してくれません。
国は「本体は高く、通信費は安く」を推奨してますから。
通信会社も、激安のネット専用プランを出し、国の要望には応えました。
要望には応えたので、通信会社も、iPhone SE(第3世代)発売前に在庫処分をし、倉庫に空きを用意することにしたのでしょう。
ちなみに今回はドコモのガラケーからiPhoneに乗り換えたため、契約したプランは「スマホスタートプラン(フラット)5G」。
この「スマホスタートプラン(フラット)5G」はガラケーからの乗り換えや機種変更、さらに若年者が初めてスマホを持つために設定されたプランです。
そのため、ガラケーとほぼ同じ激安の通信料で持てるようになってるプランです。
ちなみに5Gとは5ギガバイト………、と言う意味ではなく、第5世代移動通信システムと言う意味だそうです。
「こんな値段で5ギガも使われたらたまらん。
オマエが使えるのは3ギガまでだ」
と言う通信会社の声が聞こえてきそうです。
家電量販店で買ったため、電話帳の移行はできませんでした。
僕の電話帳は、通話用のガラケーに入れているアドレス帳と、大昔にそこから分離したAndroidスマホに入れているGoogleアドレス帳の2種類があります。
ぶっちゃけて書くと、解約したドコモ・ガラケーからau iPhoneへのアドレス帳の移行が問題になったわけです。
しかし、これは、いとも簡単にクリアできました。
ドコモショップに置いてあるドコピーと言う機械を使うと、アドレス帳やその他の移行ができるのです。
ドコピーでは移行先の端末にドコモの端末であることが求められますが、携帯3社で売られているiPhoneであるためか、何のエラーもなく移行できました。
ドコモショップに来た際も、店員に
「ドコピー使わせて」
と言うと、普通に使えます。
また、個人情報を取り扱ってるためか、深入りもしてきませんでした。
移行終了後は、
「ありがとう」
と声をかけると、普通に退店もできます。
ネット専用プランを導入した今となっては、携帯3社のどこのショップでもドコピーのような端末を用意して欲しいですね。
ガラケーはなくなっても、AndroidとiPhoneのアドレス帳が統一されることはなさそうですからね。
しかし、AndroidガラケーからiPhone 12 mini(通話用)に乗り換えましたが、あれですね。
電池の持ちが悪いです。
iPhoneと言えば、OSの機能を絞っている代わりに、バッテリーが薄く、電池の持ちも良いイメージでしたが、ちょっと変わったようですね。
それと、いつの間にかiPhoneって写真の一括削除ができなくなったんですね。
「全ての写真を削除」みたいなヤツです。
これが出来なくなると不便ですね。
ストレージも処理能力も有限なのにね。
良くない変更です。

カラオケもないので、大浴場に行ったり、マンガ読んだりして、いよいよ夜食です。

シーモア・夜食

そして、翌朝の朝食バイキングです。
朝食バイキングでの飲み物は「水」……………、ってことはなく、梅ジュースです。
JAグループ和歌山の商品に「JOINうめ&りんご」と言うジュースがあります。
昔は梅アップルと言いましたね。
シーモアでは梅ジュースですが、懐かしの商品です。
ちなみに、JAグループ和歌山のCMソング「ずっと和歌山」はカラオケではダムで歌えます。
ジョイサウンドには入ってません。

シーモア・朝食バイキング1

左は梅そばですね。
和歌山県内の湯快リゾートでは梅うどんが一般的ですが、シーモアでは梅そばですw

シーモア・朝食バイキング3

シーモア・朝食バイキング4

ここホテルシーモアもチェックアウトは午前11時と、微妙に長いので、また温泉に行きました。
ちなみにここの大浴場は男女固定制なので入れ替えはなしです。
そして、折角なので白浜海中展望塔(コーラルプリンセス)にも行こうかと思いました。
しかし、いざ行ってみると、チケットが必要だと言うことで、引き返しましたw

ってなわけで、チェックアウト。
帰りはホテルシーモア向かいの明光バス「新湯崎」バス停から、バスで白浜駅。
白浜駅からは電車で帰りました。
湯崎って地名からも分かるかと思いますが、この辺りは、白浜温泉の中でも伝統的な温泉なんですよ。
では…

クエに関する記事一覧

旅行カテゴリの最新記事