「しみず温泉 健康館」と「あらぎ島」

「しみず温泉 健康館」と「あらぎ島」

今日はしみず温泉・健康館へ行くよ。
ってことで、有田川町から国道480号で高野山方面に走ります(高野山までは行きません)。
で、着きました、あらぎ島です。
あらぎ島は旧・清水町(現・有田川町)の国道480号の旧本線から見える観光名所です。
近くには道の駅「あらぎの里」があるので、そこを目印にすると良いでしょう。
僕もここには何度か行ったことがあります。
ってことであらぎ島です。

あらぎ島

写真は1枚しかありません。
男性5・6人の中に女性1人の大型バイク集団がやってきたため、早々に撤収しちゃいました。
和歌山県は、臨海部の高速道路の整備が遅れたため、山間国道は県の方針で積極的に整備してきました。
その結果、ツーリング族と言うか、大型バイク集団が他県から来るようになったようです。
偏見ですが、半ぐれの中の紅一点ってヤバいイメージしかないので、早々に立ち去ります。
まあ、そのヤバいのは高校生とかの話ですが、なんか楽しくないので先に行きます。
熊野三山で神にお祈りもしてきたので、大丈夫でしょうけどね、。
ちなみにこのブログは、去年は伊勢神宮、今年は熊野三山と由緒ある神様にお祈りしてるのですよ。
来年あたりは高野山にでもなるのかな、仏様だけど…。
写真が少ないので、昔撮ったほとんど意味ない動画でも置いときますねw

ってことで、あらぎ島を終え、しみず温泉・健康館です。
しみず温泉・健康館とあらぎ島はそんなに離れてないです。

しみず温泉 健康館1

しみず温泉 健康館

車だとすぐです。
取り合えず入ってみます。
入館料を払い、脱衣所へ。
さっさと服を脱ぎ、浴場近くの脱衣スペースに飲料(ペットボトル)を置いておきます。
いざ、大浴場へ。

大浴場に入ってみてビックリ。
せまい。
しみず温泉・健康館は、旧・清水町の中心部にあるし、旧・清水町の公費で整備された施設だと思っていたのですが、予想に反してせまいです。
「(え?清水町民の憩いの場じゃないの?)」
って感じです。
これにはビックリしました。
露天風呂もない。
本当にせまい。
源泉も、注がれたり止まったりしてる。
実は建物に入ってから、うすうすせまいのではないかと思っていましたが、想像以上のせまさです。
僕以外に家族連れなんかも来て、せまさゆえ人口密度も高め。
これはいけない地方温泉です。
健康館と言うぐらいだから健康ランドみたいなレジャー施設をイメージして作ったのかと思っていましたが、逆の意味で驚きです。
家族連れのじいさんは浴槽で屁をへるし、親父は「便所へ行く」と言って出て行ったが、便所が脱衣所の外にあったからか、すぐに戻って来たし、メチャメチャです。
あげく、温泉から出て脱衣所に戻ると、持ち込んだ飲料(ペットボトル)が消えてる。
従業員の方が捨てたのだと思い、
「(なんて、仕事熱心な従業員なんだ)」
と思いましたが、服を着て休憩所の自販機に行くと、何故か僕の持ち込んだ飲料(ペットボトル)と同じものが置かれてる。
うわあ、気味が悪い。
気色わるう。
前々から思っていましたが、変なストーカーに付きまとわれてるのかも知れない。
熊野三山、そして去年の伊勢神宮、参拝したんだから頼んだぞw

帰りは、国道480号で有田川町の中心部へ山を下って行きます。
まあ、このような自然の中はドライブするだけで楽しいですよ。
ツーリング族じゃないけど…。
大昔の話になりますが、僕も道路上の電光掲示板で「暴走二輪、取り締まり強化中 和歌山県警」みたいなお知らせを見たことがありますので、ツーリング族の方も運転には注意してくださいね。

話は戻りますが、しみず温泉・健康館の泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉だそうです。
では…。

日帰り温泉カテゴリの最新記事