1都3県に緊急事態宣言再発令、Go To一時停止延長

1都3県に緊急事態宣言再発令、Go To一時停止延長

1月7日、菅内閣はマスコミと自分から飲食店への時短要請をしたくない東京都知事に押し切られる形で、首都圏の1都3県に緊急事態宣言を発令すると発表しました。
期間は1月8日から2月7日まで。
この緊急事態宣言を受けて、1月11日まで止めていたGo Toトラベルも、引き続き2月7日まで一時停止期間を延長すると発表しました。
Go Toトラベルに関しては引き続き全国での一時停止です。
そのため、1月の旅行はキャンセルさせていただきました。
やれやれです。
冬のクソ寒い中での緊急事態宣言にどれほどの効果があるのか分かりませんが、マスコミの主張を政策として実行したのですから悪いことばかりではないのでしょう。
マスコミの主張がどれだけ正しかったのか、見極めさせていただきたいと思います。

地域限定で2回目の緊急事態宣言が発令されましたが、人出に関してはあまり減っていないようです。
政府は国民や企業に人出の7割削減をお願いしています。
しかし、マスコミは、早くも昨年の緊急事態宣言時の人出と比較し始めました。
独自基準炸裂です。
また、国民への誘導と洗脳を開始です。
また、人出が減らないことを材料に政府をたたき出しました。
緊急事態宣言を出せと言ったのはマスコミなんだけどなあ。
今まで世論を大事にしてきたマスコミですが、世論の無視も開始したようです。
人出が減らないのは、本音の世論ですからね。
電話調査のような上っ面の世論とは違うんですよ。
あんなの早く電話を切りたいですから、電話誘導に乗って適当に答えますからね。
印象操作もし放題です。
まあ、僕なんかは問答無用で切りますけど…。
僕の知ってる某旅行代理店もGo To停止延長には耐えられなかったようで、休業してしまいました。
地方のホテル、旅館や、土産物店も大変でしょうね。
地方の経済や、暮らしは大丈夫なんでしょうか?
でも、生活の保障はマスコミが何とかしてくれるのでしょう。
緊急事態宣言を出せばどうなるか分からないほど、バカなマスコミじゃないですもんね。
まあ、テレビやラジオ局は、長年、政府に納める電波使用料を特別割引してもらってますが、特別割引を廃止して、生活保障の財源に貢献してくれるのでしょう。
あれほど偉そうなことを言っておきながら、長年、特別割引をしてもらってるとか恥ずかしいですもんね。
それと、大マスコミは電波使用料の特別割引を受けてますが、携帯電話会社は超多額の電波使用料を支払っています。
大マスコミは、携帯電話会社と、携帯電話を使用する全ての国民に感謝すべきですね。
600MHz帯を明け渡すと言う形で感謝するのも良い手だと思います。

マスコミがしきりに主張した緊急事態宣言にどれほどの効果があるのか期待して、次の記事を書く機会を待ちたいと思います。
ばっははーい

追伸、昨年末におそらく最後のGo To トラベルの還付請求分が銀行口座へ入金されていることを確認しました。
和歌山リフレッシュプランとの併用は最強だったようですね。
ばっははーい

話題カテゴリの最新記事